紛争と対話

個数:
  • ポイントキャンペーン

紛争と対話

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 224p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589030641
  • NDC分類 321.3

内容説明

グローバル化・市場社会化が進行する現代社会における「法」・「秩序」の変容をどのようにとらえるか。法学を中心とした新しい学際的社会科学の地平を拓く「法動態学」の構想を提起。

目次

対人関係と責任の心理学
法律と社会的ジレンマ―意図性に基づく社会的秩序の自律的形成
公正感と社会的規範
投資行動の消費者心理と民法学“覚書”
紛争解決の技法とはなにか―ナラティヴに埋め込まれた知
紛争処理過程における第三者の役割
紛争過程における当事者の声―自主的解決支援の罠と可能性
消費者紛争処理の法動態学
家事調停の動態学
国際訴訟・国際仲裁と非国家法の適用

著者紹介

山本顯治[ヤマモトケンジ]
神戸大学大学院法学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

水平的秩序における当事者自律、対立する当事者の間の対話と相互理解を基本に、当事者の行動原理、またとりわけ、当事者を支援する専門的援助者の役割、倫理、責任の問題を検討する。