サツマイモの遍歴―野性種から近代品種まで

個数:
  • ポイントキャンペーン

サツマイモの遍歴―野性種から近代品種まで

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 359,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588302046
  • NDC分類 616.8

内容説明

その起源と伝播、微生物とのかかわり、花と種子に秘められた営み、世界に先駆けた日本の育種・品種改良技術、近代化による遺伝資源の喪失など、サツマイモが辿った歩みを世界史的視野で見なおし、食糧・栄養源としての重要な役割を説く。

目次

第1章 世界を養ってきた作物
第2章 サツマイモをとりまく野性植物
第3章 太る根、太らない根
第4章 サツマイモの源流をさかのぼる
第5章 センチュウとサツマイモ
第6章 土壌病原菌とサツマイモ
第7章 サツマイモの花
第8章 在来品種がたどった道
第9章 一つの品種ができるまで
第10章 巨大な栄養系

著者紹介

塩谷格[シオタニイタル]
1932年生。三重大学農学部卒業。京都大学農林生物学博士課程退学。三重大学遺伝資源学教授。農学博士。三重大学名誉教授、九州農業試験場のプロジェクト「野性種利用による甘藷育種」を分担。1972‐3年、1981‐2年メキシコ、グアテマラで甘藷の祖先野性種を探索・調査(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)