ミルトン・エリクソン―魔法使いの秘密の「ことば」

個数:

ミルトン・エリクソン―魔法使いの秘密の「ことば」

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 350p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588182167
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C0011

内容説明

その人の抱える問題の最適解をどうすれば引き出せるのか。言語と身体のつながり、文と心身のつながり、発話と情緒のつながり、そして言語と人の生死とのつながり―エリクソンの問いかけとともに、伝統的な哲学や言語学の境界を超えて、新たな地平に踏み出す。

目次

第1章 誕生―ミルトン・エリクソンができるまで
第2章 無意識
第3章 言語の運用、または命令にしたがうということ
第4章 対人関係と人称性の構造
第5章 ダブルバインドの層位学
第6章 形式と実質
第7章 ゲームの規則

著者等紹介

澤野雅樹[サワノマサキ]
1960年生まれ。明治学院大学博士課程単位取得退学。現在、明治学院大学社会学部社会学科教授。専門は社会思想史、犯罪社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

emuuwaii

9
ミルトン・エリクソンの仕事を、主にコミュニケーション論や行為の言語論から見直す試み。詳しいことは知らなかったエリクソン。色盲、失音楽症、失読症があったり、ポリオにかかったり、ミードやベイトソンとの交流があったりしたとのこと。診察の様子がたくさん載っていて楽しい。言葉巧みに、身体や無意識に言葉をかけていき、ダブルバインドを治療的に用いる手法。トリッキー過ぎて今ではちょっと問題になりそうな例もあり。診療で起こっていることに対する言語学的な解説に納得しつつも、エリクソンの仕掛けは複雑すぎて真似できないです。2020/08/09

azu3

4
社会学の大学教員が書いたエリクソン本。きちんと原著を読み込んだうえで、エリクソンとは?を描き出そうという試み。そこらの解説本とは、エネルギーのかけ方が違う。そうした著者の姿勢や「序」にある呼び込みに興味をひかれて読み始めたものの、途中で挫折。すいません。著者は言語学に詳しいんでしょうね。そちら方面からのテキスト読解、といった内容が好きな人にはお勧め。2020/01/13

工藤拓弥

3
【内容】エリクソンの治療を豊富な事例を挙げて言語学の視点から解き明かそうとしたもの 【感想】論文のような固い表現や難解な言葉が多く、フランクには読めない。ただ、エリクソンの療法を解剖していく過程は純粋に楽しかった。事例を読むだけでも結構楽しいと思う。2020/03/30

ゼロ投資大学

0
魔法使いの秘密の「ことば」というタイトルから心理学的な要素が強いのかと思っていたが、捉えどころのない印象を受けた。2021/07/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14321852

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。