りぶらりあ選書<br> スペイン精神史序説

個数:

りぶらりあ選書
スペイン精神史序説

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 226p
  • 商品コード 9784588020469
  • Cコード C1322

出版社内容情報

ひたすら低迷するかに見えるかつての覇者スペイン。逆説と矛盾にみちたこの国の歴史を精神史を通じて明らかにし,〈真のスペイン〉への課題とその方位を示唆する。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うえ

4
「行き過ぎた愛郷主義」「近代の分離運動においては、言語の差違に非常な重要性が与えられている…フラマン語、エストニャ語、アイルランド語、カタルーニャ語、これらが政治的願望を代弁する価値を帯びるようになった」ただしフランスの方が言語多様性は大きい「愛郷主義の原因は民族的、心理的、言語的差違にあるのではなく、まさにその正反対」「愛郷主義の原因はいかなる地方においても個人主義的であるという性格の一様性、そしてストラボンが、連帯性を抱くためにはあまり適性がないと書いているところの、イベリア的精神なのである」2015/06/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/413080
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。