叢書・ウニベルシタス<br> ミクロ政治学

個数:

叢書・ウニベルシタス
ミクロ政治学

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月02日 07時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 654p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588011283
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C1310

出版社内容情報

1982年8月、20年にわたる軍事政権が崩壊の時を迎え、民政移管の気運が高まるブラジルにガタリは降り立った。民主化へと向かうブラジル社会のうねりに身をゆだね、活動家、知識人、学生、マイノリティ、フェミニスト、同性愛者らのグループと対話を重ねた一か月の記録。欲望と主観、他者との関係からなるミクロ領域で、新たな政治の地図を描くための戦略とはいかなるものか。ガタリ最大の重要書、ついに刊行。

内容説明

民主化へと向かうブラジル社会のうねりに身をゆだね、活動家、哲学者、精神科医、学生、フェミニスト、同性愛者らのグループと対話を重ねたひと月の旅。ポリフォニックなテクストが折り重なる思索と実践の記録。

目次

第1章 文化は反動的概念か?
第2章 主体性と歴史
第3章 政治
第4章 欲望と歴史
第5章 感情‐エネルギー‐身体‐性―解放の“旅”という神話
第6章 愛、欲望の領土、新しい優しさ
第7章 空港での会話
第8章 ガタリ自身によるブラジルの旅
第9章 ブラジル人によるガタリの旅

著者等紹介

ガタリ,フェリックス[ガタリ,フェリックス] [Guattari,F´elix]
1930年生まれ。フランスの精神分析家、哲学者。1992年没

ロルニク,シュエリー[ロルニク,シュエリー] [Rolnik,Suely]
1948年生まれ。ブラジルの精神分析家、哲学者、社会学者。1970年、フランスへ亡命、ガタリと親交を結ぶ。パリ第7大学、パリ第8大学で学ぶかたわら、ラボルド精神病院でガタリとともに活動し、ブラジルに帰国。サンパウロ・カトリック大学で教鞭を執り、美術批評の分野でも活躍する

杉村昌昭[スギムラマサアキ]
1945年生まれ。龍谷大学名誉教授。フランス文学・現代思想専攻

村澤真保呂[ムラサワマホロ]
1968年生まれ。龍谷大学社会学部教授。フランス現代思想、社会思想史、環境問題専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。