叢書・ウニベルシタス<br> 理性への希望―ドイツ啓蒙主義の思想と図像

個数:

叢書・ウニベルシタス
理性への希望―ドイツ啓蒙主義の思想と図像

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月12日 19時12分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 248p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588009129
  • NDC分類 134
  • Cコード C1310

目次

啓蒙の土地(啓蒙に関する啓蒙;啓蒙への希望 ほか)
哲学の図像学(真理へのさまざまな道;対比的図像 ほか)
哲学の概念(生き生きとした認識;究極的知識 ほか)
真の啓蒙と高次の啓蒙(歴史化と脱歴史化;自己定義と自己超越 ほか)

著者等紹介

シュナイダース,ヴェルナー[シュナイダース,ヴェルナー][Schneiders,Werner]
1932年生。1997年までミュンスター大学哲学教授。国際18世紀研究会の会長・委員を務めた

村井則夫[ムライノリオ]
1962年生。上智大学大学院博士後期課程満期修了。明星大学人文学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

●内容紹介(版元ドットコムより)
イギリスやフランスの陰に隠れがちな18世紀前半のドイツ啓蒙主義に光をあてる。著者は、哲学書の扉を飾る寓意画を読み解きながら、カントが登場する以前のドイツ思想の特徴を鮮やかに示してみせる。この時代の哲学はまだ概念と論理に縛りつけられておらず、図像と想像力が思考に大きな影響を与えていた。巻末に詳細な訳者解説を所収。