叢書・ウニベルシタス<br> 社会学とは何か―関係構造・ネットワーク形成・権力

個数:
  • ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
社会学とは何か―関係構造・ネットワーク形成・権力

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年09月21日 03時24分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 237,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588004384
  • NDC分類 361
  • Cコード C1336

内容説明

『文明化の過程』『宮廷社会』などで独自の歴史社会学の地平を拓いた著者が、社会学的認識論、個人と社会、社会変動などの根本問題を問い直すとともに、機能主義を批判しつつ、社会関係と社会過程のダイナミクスを捉える自らの理論と方法を分かりやすく説く、異色の入門書。

目次

第1章 社会学―コントの問題設定
第2章 神話の摘発者としての社会学者
第3章 ゲームモデル
第4章 人間社会の普遍要素
第5章 ネットワーク形成の連関―社会的結合の問題
第6章 社会発展の「必然性」の問題

出版社内容情報

『文明化の過程』などで独自の歴史社会学を築き上げた著者が,機能主義批判の立場から,社会関係及び社会構造のダイナミクスを捉える社会学の方法論的核心を語る。