かたわらには、いつも本―辻井喬書評集

個数:

かたわらには、いつも本―辻井喬書評集

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月22日 13時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 286p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784585055013
  • NDC分類 019
  • Cコード C0095

内容説明

作家・辻井喬の読んだ国内外あらゆるジャンルの書籍を紹介する充実のブックガイド。練達の読み手がさそう至福の読書案内。

目次

1 先人たちの文業(ヨハン・ホイジンガ『中世の秋』;トーマス・マン『魔の山』 ほか)
2 同時代の作家たち(松本清張『点と線』;瀬戸内寂聴『秘花』 ほか)
3 新たなる文学の予兆(高樹のぶ子『燃える塔』;中上健次『奇蹟』 ほか)
4 自然・思想・文化を評する(高田宏『森が消えるとき』;朝比奈英三『虫たちの越冬戦略』 ほか)
5 詩・短歌・俳句の世界(金子光晴『こがね蟲』;中村草田男『長子』 ほか)

著者紹介

辻井喬[ツジイタカシ]
1927年東京生まれ。東京大学経済学部卒業。セゾングループの創業者として70~80年代の経済・文化を牽引するとともに、詩、小説、エッセイなど多くの文学作品を発表。91年に経営の第一線を退いてからはさらに充実した旺盛な文学活動を展開している。2006年、日本芸術院賞恩賜賞を受賞。財団法人セゾン文化財団理事長。日本ペンクラブ常務理事。日本文藝家協会常務理事。日本芸術院会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「読書の快楽とは、創造活動、快楽としての営為と深く通底しているはずのものなのだ」。有島武郎からオルハン・パムクまで、純文学作品・研究書からエンターテイメント・漫画まで。