かたわらには、いつも本―辻井喬書評集

個数:

かたわらには、いつも本―辻井喬書評集

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 286p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784585055013
  • NDC分類 019
  • Cコード C0095

出版社内容情報

「読書の快楽とは、創造活動、快楽としての営為と深く通底しているはずのものなのだ」。有島武郎からオルハン・パムクまで、純文学作品・研究書からエンターテイメント・漫画まで。

内容説明

作家・辻井喬の読んだ国内外あらゆるジャンルの書籍を紹介する充実のブックガイド。練達の読み手がさそう至福の読書案内。

目次

1 先人たちの文業(ヨハン・ホイジンガ『中世の秋』;トーマス・マン『魔の山』 ほか)
2 同時代の作家たち(松本清張『点と線』;瀬戸内寂聴『秘花』 ほか)
3 新たなる文学の予兆(高樹のぶ子『燃える塔』;中上健次『奇蹟』 ほか)
4 自然・思想・文化を評する(高田宏『森が消えるとき』;朝比奈英三『虫たちの越冬戦略』 ほか)
5 詩・短歌・俳句の世界(金子光晴『こがね蟲』;中村草田男『長子』 ほか)

著者等紹介

辻井喬[ツジイタカシ]
1927年東京生まれ。東京大学経済学部卒業。セゾングループの創業者として70~80年代の経済・文化を牽引するとともに、詩、小説、エッセイなど多くの文学作品を発表。91年に経営の第一線を退いてからはさらに充実した旺盛な文学活動を展開している。2006年、日本芸術院賞恩賜賞を受賞。財団法人セゾン文化財団理事長。日本ペンクラブ常務理事。日本文藝家協会常務理事。日本芸術院会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

小蔀 県

10
五章構成で、二章から四章はたしかに書評です。津島佑子『真昼へ』について、小説の粗筋と技法だけを簡潔にまとめて、その旨味を教えてくれている。また、岩城宏之『行動する作曲家たち』を評するにあたり、「対談は登場した人物の性格と思想によって作られる演劇的空間である。(著者が)天衣無縫というか、何ものにも拘束されない自由な精神の持ち主」なのがよいと褒め、こちらの興味をそそってくる。そんななか、一章と五章は、一冊の本を語るにとどまらず、個人的感情をふんだんに交えた、評論風の随筆みたいになっています。本への愛を感じる。2017/05/31

あんこ

0
さすが、難しかった。書評だけあって小説やエッセイとは違って使われている言葉に難解なものが多かった。でも、辻井さんの奥深さをさらに垣間見ることができて良かった。2010/04/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/241882

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。