ぼく、街金やってます―悲しくもおかしい多重債務者の現実

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

ぼく、街金やってます―悲しくもおかしい多重債務者の現実

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月17日 05時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584139387
  • NDC分類 338.77
  • Cコード C0033

出版社内容情報

東京・池袋で街金を営む著者のもとには、さまざまな多重債務者がやってくる。そして返すあてもないまま借金を重ねていく。そんな彼らの、悲しくも爆笑せずにはいられないさまざまなエピソードを面白おかしく、しかし赤裸々に、街金ならではの視点で紹介。
ほかにも、ブローカー、詐欺師、悪徳業者、反社など、日常生活では出会うことのない人々が続々登場。今まであまり語られることのなかった街金コラムも満載。あなたの知らないお金の世界が見えてくる!

内容説明

街金だから知っているお金の魔力、お話します。

目次

テツクル半生記 ぼくと街金
ぼく、埋められそうになりました
他人の不動産を担保にする男
5万円で反社の看板を外させた債務者
トンデモブローカーさん列伝
未熟な地面師
怖い人がやってきた!
完全無欠の詐欺会社
悪い人にだまされた善人の末路
6000万円を肩代わりする鬼嫁
テツクル半世記 ぼくと街金(主任編)
街金百裂拳
テツクル、債務者と語る

著者等紹介

テツクル[テツクル]
池袋北口の風俗ビルに入居する街金ではたらく。投資家から10%で借りたお金を債務者に15%で貸す日々を過ごしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えちぜんや よーた

90
デジャブ(既視感)を覚えた、平成のはじめぐらいに出版された「ナニワ金融道」を読んだときの。「ナニ金」は漫画だが、この本に出てくる内容も街金に縁のない人が読んだら漫画のような内容。夜中にお腹を抱えて笑ってしまった。一つの文が短くノリが軽快なので「闇金ウシジマくん」のように胃もたれはしない。寝る前に読んでもすっきりと寝ることができる。おそらく筆者がTwitterやnoteで文章を書いているからだろう。使っているツールだけ平成から令和にな変わったことを実感させるが、やっていることは「ナニ金」と変わらないと思う。2019/10/04

プラス塾長

8
「ナニワ金融道」の現代版。 自分にはあまり縁の無い世界、借金は気を付けよう。2019/10/26

miyatatsu

7
街金のドラマを好んで視聴していたこともあり、本書に書かれていることもすんなりと頭に入った。街金は一つの面から見れば悪い商売を行っているように見えるかもしれないが、なくてはならない商売であり市民の生活を支える一端を担っていることも忘れないようにしたい。2019/09/09

nobu23

6
街金業者と債務者のやり取りを面白くまとめたもの。ネタとして見ると面白いけど、お金を借りるのはやっぱり怖い。2020/10/12

麻友

6
図書館で借りて読了。昔読んだ「ナニワ金融道」のリアル版って感じでしょうか…闇金ではないので、犯罪からんじゃうようなヤバい話はないです。軽く恫喝したりはあったかな?あっという間に読めましたし、面白かったです。気分転換に読むにはいいと思います。2019/12/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14082817

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。