どうすれば愛しあえるの―幸せな性愛のヒント

個数:
電子版価格 ¥1,728
  • 電書あり

どうすれば愛しあえるの―幸せな性愛のヒント

  • ウェブストアに455冊在庫がございます。(2017年11月25日 02時31分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 320p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584137734
  • NDC分類 598.2
  • Cコード C0095

内容説明

社会が良くなっても性的に幸せになれるわけではない。むしろその逆が起きている。男も女も満たされた人生に必要な知恵とは。

目次

第1章 ほんとうの性愛の話をしよう(ナンパ師とAV男優;「母への恨み」と“心の穴” ほか)
第2章 なぜ日本人の性愛は劣化したのか(「セックスレスの増加」と「精子の減少」;なぜ下ネタは話されなくなったのか ほか)
第3章 性の享楽と社会は両立しないのか(なぜ男の恋愛稼働率は女の半分なのか;社会の幸いと性愛の幸いの逆立 ほか)
第4章 「性愛不全」から脱却する方法(エロイ男は希少資源;メンヘラとヤリチンの共通点 ほか)

著者紹介

宮台真司[ミヤダイシンジ]
社会学者。映画批評家。首都大学東京教授。1959年宮城県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。社会学博士。権力論、国家論、宗教論、性愛論、犯罪論、教育論、外交論、文化論などで多くの著書を持ち、独自の映画評論でも注目を集める

二村ヒトシ[ニムラヒトシ]
アダルトビデオ監督。1964年東京都生まれ。慶応義塾大学文学部中退。ソフト・オン・デマンド若手監督のエロ教育顧問も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

社会学者・宮台真司とAV監督・二村ヒトシによる激論「性愛の幸福論」。現代人の悩みである「性愛」不全から脱却する方法とは何か。