• ポイントキャンペーン

大事なことはすべて立川談志(ししょう)に教わった

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 222p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584135105
  • NDC分類 779.13
  • Cコード C0095

内容説明

立川談志の弟子だからこそ書けた師匠の才能、鋭さ、怖さ、優しさ…

目次

第1章 「殺しはしませんから」―落語家の前座修業に比べればサラリーマンは甘い!?
第2章 「俺を喜ばせろ」―師匠からの「無茶ぶり」、あなたならどうする?
第3章 「潜伏期間があるのは病気だけじゃない」―二つ目になるための処世術はサラリーマンの出世術と同じ
第4章 「努力はバカに与えた夢」―真打ちへの挑戦、想定外を想定内にする知恵
第5章 「売れれば売れるほど孤独になる」―落語家流処世術とサラリーマン人生を楽しむ方法

著者等紹介

立川談慶[タテカワダンケイ]
1965年生まれ、長野県上田市(旧丸子町)出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、(株)ワコール入社。3年間のサラリーマン体験を経て、91年、立川談志に18番目の弟子として入門。前座名は会社の承諾を得て「立川ワコール」。9年半の前座修業の後、2000年に二つ目昇進。談志により「立川談慶」と命名される。05年、真打ち昇進。慶應大学出身者では初の真打ちの落語家。アカペラグループINSPiとのコラボライブ「アカペラ落語」、講演など多彩な活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。