ベスト新書<br> アルファ碁はなぜ人間に勝てたのか

個数:
電子版価格 ¥717
  • 電書あり

ベスト新書
アルファ碁はなぜ人間に勝てたのか

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年03月19日 14時54分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584125304
  • NDC分類 007.1
  • Cコード C0204

内容説明

人間とは違う「思考」で戦うモンスター。2016年3月、世界中の囲碁ファンが世紀の対決に息を呑んだ。グーグル・ディープマインド社が開発したアルファ碁が、韓国のイ・セドル九段と五番勝負を戦い、アルファ碁が4勝1敗で勝利した。将棋と違い、盤面の広い囲碁では、機械が人間を負かす日は遠い将来のように言われていたが、驚くべき進歩を遂げていたのだ。なぜアルファ碁は人間に勝てたのか?人間に再逆転の可能性はあるのか。それとも、このまま人間の敗北は決定し、ついには人工知能が世界を支配する日も遠くはないのだろうか。

目次

プロローグ アルファ碁の衝撃
第1章 AIとゲーム
第2章 囲碁プログラムの変遷
第3章 新しい囲碁プログラムの潮流
第4章 アルファ碁の仕組み
第5章 新しいAIの可能性
第6章 人類社会へのAIのインパクト

著者等紹介

斉藤康己[サイトウヤスキ]
工学博士。1953年、山梨県生まれ。東京大学、エセックス大学卒業後、NTT基礎研究所にて囲碁の認知科学的研究などを行う。NTT OCN事業部を経て、現職は京都大学情報環境機構教授。専門は人工知能、認知科学、インターネットやセキュリティなど(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「囲碁界の魔王」イ・セドル九段が、人工知能の「アルファ碁」に敗れた。もはや、人間は機械に敵わないのか?迫真の人工知能論。