ベスト新書<br> ヒトラー対スターリン 悪の最終決戦

電子版価格 ¥957
  • 電書あり

ベスト新書
ヒトラー対スターリン 悪の最終決戦

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 303p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584124789
  • NDC分類 209.74
  • Cコード C0295

出版社内容情報

日本の敗戦に最大の影響を及ぼした独ソ戦の真実! 史上最大の独裁者はいかにして激突したか。戦後70年経っていま甦る〈悪の戦術学〉。

内容説明

史上最悪の独裁者たるヒトラーとスターリンは、国内政局を人望と政策論ではなく、権謀術数と容赦なき粛清で闘い抜き、独裁体制を確立した。だが、その手法は国際政治でも通用するのか?二人の悪魔が手を結んだ独ソ不可侵条約からわずか二年後の一九四一年六月二十二日、ドイツ軍はソ連を奇襲し、首都モスクワに迫る!ヒトラーの裏切りに、スターリンはどう報復するのか?冷酷さと残忍さにかけて他の追随を許さない二人の独裁者の心理を分析しながら、両国合わせて兵士だけで一六〇〇万人、民間人を含めると最大で四〇〇〇万人が犠牲となった、悪の最終決戦ともいうべき史上最大の戦争―独ソ戦―を描く、歴史読み物。

目次

第1章 戦争と革命
第2章 権力闘争
第3章 粛清
第4章 謀略
第5章 侵略
第6章 駆け引き
第7章 電撃
第8章 激突
第9章 逆転
第10章 明暗

著者等紹介

中川右介[ナカガワユウスケ]
1960年生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。出版社アルファベータ代表取締役編集長(2014年まで)として「クラシックジャーナル」他、さまざまな分野の本を編集・発行するかたわら、クラシック音楽、歌舞伎、映画、歌謡曲、マンガなどの分野で旺盛な執筆活動を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

黒猫

13
これは良書だ。題名のとおりヒトラーとスターリンに焦点を絞り、独ソ戦をメインに描いている。まず、二人とも笑えるほど悪い人物だ。優秀な人材を抱えながらも、独断専行で戦争を推し進め得意の電撃戦で次々と隣国を併合するヒトラーも悪だが、それを不気味に見過ごし、猜疑心にかられて優秀な人材を粛清しまくりながらも、二虎共食を企て弱りきった国を掠め取るスターリン。やり方は違うが、両者は共通部分もある。ナチスから祖国を守ったスターリンは今もロシアで英雄として扱われているらしい。毒をもって毒を制すとは彼等に相応しい。。。2016/06/17

obje

4
★★★☆☆ 名前だけは非常に有名な2人だが、実際の歴史の時系列や起こった出来事をきちんと勉強したことが無かったので参考になった。最後に作者の方が書かれているオーケストラの音源は聴いてみたいな、と感じた。2018/04/19

くらーく

3
まあ、歴史を振り返れば、殺人者数でトップを争うお二人。そりゃあ、似ているだろうね。会えば親友になったかもしれないねえ。性格はそっくりだし。 学者の書いた本と違って、音楽家をアクセントに加えて、非常に読みやすい本となっているのはさすがですな。 時代とは言え、どうしてこのような殺人鬼をトップに据えられたのか、交代させられなかったのか。やはり、時代としか言いようがないなあ。米英仏等(日本も)の国が戦争に加担している中で、自分だけやめられないものねえ。いやはや、大変な時代でしたな。2021/06/26

イータン

1
独裁者といえど、各個人ごとに分析するとそれぞれ特徴が見られる。ヒトラーの自信過剰、スターリンの猜疑心が、現代では考えられないほどの犠牲者を伴い、史上最大の近代戦争を勃発させる。それまでの経過とリーダー達の事情を知ると、独ソ戦が特異な戦場になっていることもわかった。2018/03/13

z1000r

1
ヒトラーの事はそれなりに知っていたが、スターリンについては、ほぼ知らなかったので非常に為になった。第一次世界大戦時の事、その当時の二人の事ものっており、非常に丁寧に書いていると感じた。また最初のほうのページに地図もあり、ドイツ、ソビエトの動きも地図を見ながら追えたので、わかりやすかった。知らない事が沢山知れて非常によかった。2017/07/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9759552
  • ご注意事項