“ポスト68年”と私たち―「現代思想と政治」の現在

個数:

“ポスト68年”と私たち―「現代思想と政治」の現在

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年10月20日 08時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 411p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784582703559
  • NDC分類 311.23
  • Cコード C0010

内容説明

反乱の“68年”、それ以後の現在、“私たち”とはだれか?“68年”のあとのフーコーとアルチュセールの思考について、“68年”、現代思想、政治、主体について、それらを考え抜いてきたバリバールらとともに、根底的に討究!

目次

第1部1 国際シンポジウム(Pourvu que 〓ca dure…):政治・主体・“現代思想”((ポスト)構造主義のヒーロー、政治の政治
政治と主体性をめぐる20のテーゼ ほか)
第1部2 国際ワークショップ“われわれ”がエティエンヌ・バリバールの読解に負うもの―ルソーからブランショまでの個体性と共同性(孤独のアノマリー―事例オタネスとルソー政治思想;ルソーにおける所有権と共同体 ほか)
第2部1 国際ワークショップ“権力‐知”か“国家装置”か―“68年5月”後のフーコーとアルチュセール(「権力‐知」か「国家装置」か―“68年5月”後のフーコーとアルチュセール;68年5月の翌朝は、抑圧の二日酔い―アルチュセールとフーコーを過ぎゆく批判のステージ ほか)
第2部2 書き下ろし補論(真理戦―後期フーコーの戦争から統治への転回をめぐって;規律権力論の射程―権力、知、イデオロギー ほか)

著者等紹介

市田良彦[イチダヨシヒコ]
1957年、西宮市生まれ。京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。現在、神戸大学大学院国際文化学研究科教授。専攻、フランス現代思想

王寺賢太[オウジケンタ]
1970年、ドイツ生まれ。パリ西大学博士(文学)。現在、京都大学人文科学研究所准教授。専攻、社会思想史/フランス文学・思想(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

68年により生まれたアルチュセール、フーコーの思考は、「いま」と「私たち」をどう捉えるか。バリバールらを引き入れた国際討議。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件