道徳性の起源―ボノボが教えてくれること

個数:
  • ポイントキャンペーン

道徳性の起源―ボノボが教えてくれること

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 330p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784314011259
  • NDC分類 489.9
  • Cコード C0045

出版社内容情報

進化の過程で獲得した道徳性とは――霊長類の社会的知能研究における第一人者が、道徳性の由来に切り込む。著者の集大成的論考。

道徳性は上(神)から押しつけられたものでも、人間の理性から導かれた原理に由来するものでもなく、進化の過程で下(哺乳類が送る社会生活の必然)から生じた――霊長類の社会的知能研究における第一人者が、豊富な図版とともに動物たちの驚きのエピソードを紹介しながら、道徳性の由来に切り込む。著者一流のユーモアと説得力に満ちた、渾身の書。



【目次】

第一章 快楽の園に生きる
 ダライ・ラマとカメ/ママの挨拶/無神論のジレンマ

第二章 思いやりについて
 遺伝子の視点/「ブルドッグ」ハクスリーの袋小路/
 便器の中のカエルとしてのわが人生間違いだらけ/享楽的思いやり

第三章 系統樹におけるボノボ
 永の別れ/ボノボ、リベラルと保守/肉欲の楽園/姉妹愛は強い/共感する脳

第四章 神は死んだのか、それとも昏睡状態にあるだけなのか?
 自分の宗教を失う/教条主義を渡り歩く/鳩時計の中の糞
 ダーウィン原理主義者はダーウィン賞に値する/「何か」イズム

第五章 善きサルの寓話
 他者の福利/ジョージアの感謝の念/体から体へと伝わる共感/
 ラットに助けられる/他者の視点

第六章 十戒、黄金律、最大幸福原理の限界
 捉え所のない「好き勝手」/一対一の道徳/
 「である」と「べきである」の境目/この世の地獄
 コミュニティへの気遣い/水道水にプロザック/規則に従う

第七章 神に取ってかわるもの
 生と死/雨の中で踊る/明日のことは考えない/
 フロイトのためらい/監視する目

第八章 ボトムアップの道徳性
 卑しい出自/ボノボと無神論者

【著者紹介】
フランス・ドゥ・ヴァール Frans de Waal
1948年オランダ生まれ。エモリー大学心理学部教授、ヤーキーズ国立霊長類研究センターのリヴィング・リンクス・センター所長。霊長類の社会的知能研究における第一人者であり、その著書は15か国語以上に翻訳されている。2007年には「タイム」誌の「世界で最も影響力のある100人」の一人に選ばれた。米国科学アカデミー会員。邦訳された著書に、『共感の時代へ』(紀伊國屋書店)、『チンパンジーの政治学』(産經新聞出版)、『あなたのなかのサル』(早川書房)、『サルとすし職人』(原書房)、『利己的なサル、他人を思いやるサル』(草思社)ほかがある。

【訳者】柴田裕之(しばた・やすし)
1959年生まれ。翻訳家。訳書に、ブラットナー『極大と極小への冒険』(監訳)、ベジャン&ゼイン『流れとかたち』、ハンフリー『ソウルダスト』、ドゥ・ヴァール『共感の時代へ』(以上、紀伊國屋書店)、チャンギージー『ひとの目、驚異の進化』(インターシフト)、ペントランド『正直シグナル』(みすず書房)、リドレー『繁栄』(共訳、早川書房)、ファーガソン『ピュタゴラスの音楽』(白水社)ほか多数。

内容説明

ボノボやチンパンジーなどの霊長類を長年研究してきた著者が、豊富な図版とともに動物たちの驚きのエピソードを紹介しながら、“進化理論”と“動物と人間の連続性”を軸に展開するバランスの取れた議論で道徳性の起源に切り込む。長年積み重ねた膨大なフィールドワークや実験と、広汎な知見をもとに到達した、奇才ドゥ・ヴァールの集大成的論考。

目次

第1章 快楽の園に生きる
第2章 思いやりについて
第3章 系統樹におけるボノボ
第4章 神は死んだのか、それとも昏睡状態にあるだけなのか?
第5章 善きサルの寓話
第6章 十戒、黄金律、最大幸福原理の限界
第7章 神に取ってかわるもの
第8章 ボトムアップの道徳性

著者等紹介

フランス・ドゥ・ヴァール[フランスドゥヴァール] [Frans de Waal]
1948年オランダ生まれ。エモリー大学心理学部教授、ヤーキーズ国立霊長類研究センターのリヴィング・リンクス・センター所長。霊長類の社会的知能研究における第一人者であり、その著者は15か国語以上に翻訳されている。2007年には「タイム」誌の「世界で最も影響力のある100人」の一人に選ばれた。米国科学アカデミー会員

柴田裕之[シバタヤスシ]
1959年生まれ。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件