問いの再生
“単なる生”の哲学―生の思想のゆくえ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 173p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784582702552
  • NDC分類 114.3
  • Cコード C0010

内容説明

生きさせ、あるいは死のなかに遺棄する権力のもとで、もっとも剥奪された状態たる「単なる生」、しかしそれはまた、かならず非知の要素を含む、充溢する生の様態を名指すものでもある。その両義性を手放すことなくそこに立脚するとき、新しい生の哲学が始まる。

目次

第1章 生という奇妙な問い(生きること、生かされること;「生」という言葉 ほか)
第2章 抵抗する生(生とアルトー;器官に対する闘い;雑踏の生;「彼女は生まれたことがなかった」)
第3章 フーコーを読み改める(生物学への一瞥;生物の知の出現 ほか)
第4章 みなぎる生の系譜(生物学的な身体感情;世界にみなぎる力の系譜;なぜ器官のない身体か;頭のないひと;還元できないもの)

著者等紹介

宇野邦一[ウノクニイチ]
1948年松江市生まれ。京都大学とパリ第8大学で文学と哲学を学ぶ。1980年、ジル・ドゥルーズの指導をうけ、アントナン・アルトーについての博士論文を書きあげる。1987年より立教大学で現代フランス文学・思想を講じる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

寛生

62
【図書館】最後の「ダニが絶食状態で18年生き続ける事実」(160)からアガンベンを引用し、いかにしてダニが「生き延びる」か、そして「待つ」ということはどういう事かという考察が面白い。ダニが「単に生きている」にすぎないと我々人間から観察されていたとしても、それは「森のなかの巨大な交響楽のなかで固有の音楽、リズム、時間、世界、そして生を形成している。」と宇野がいう。ニーチェ、ハイデガー、フコー、アガンベン、ベンヤミン、アルトーと錚々たる名前だけども、もう少し、誰か、何かに絞って議論していくといいと想った。2015/05/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/370584

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。