中世から近世へ<br> 徳川家康―境界の領主から天下人へ

個数:
電子版価格 ¥1,496
  • 電書あり

中世から近世へ
徳川家康―境界の領主から天下人へ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月01日 00時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 287p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784582477313
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0021

出版社内容情報

境界の領主に過ぎなかった徳川家康。天下人へと駆け上った足跡を新出の史料と最新の解釈で描く。シリーズ《中世から近世へ》第1弾。

柴 裕之[シバ ヒロユキ]
著・文・その他

内容説明

こんな家康が見たかった―。追われて、迫られ、翻弄されて、揺らぐ家康像。天下人への道をリアルに描いた決定版。

目次

第1章 松平氏の時代―三河国衆としての動き
第2章 家康の再出発―戦国大名徳川氏の誕生
第3章 織田・武田両氏との狭間で―同盟・敵対と内紛の時代
第4章 天正壬午の乱とその後―信長死後の五ヵ国統治
第5章 羽柴家康―豊臣政権下の徳川氏
第6章 江戸開幕への過程―天下一統の行方
終章 家康の実像とその時代

著者等紹介

柴裕之[シバヒロユキ]
1973年東京都生まれ。東洋大学大学院文学研究科日本史学専攻博士後期課程満期退学。博士(文学)。専門は日本中世史。現在、東洋大学文学部非常勤講師、千葉県文書館嘱託(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サケ太

22
徳川家康という男の、流布された虚像を取り去る良書。松平家の始まりから、今川、織田、豊臣の中で生き抜き、培われた経験から天下人としての地位を得ていった過程が書かれている。変遷する立場の中で与えられた役割をこなしていった男。江戸時代の中で、神祖として崇められ生まれた神話的虚像。“狸”と呼ばれたその行動。陰謀論を排した姿も格好良い。『「日本国」の態様や社会に規定され、活動した政治権力者であった。そして、彼が天下人になったのは、当初より必然のものではなく、この時代に適った政情への対処が導いた歴史的結果であった。』2020/01/04

樋口佳之

19
江戸時代から引き継がれている「松平・徳川中心史観」にもとづく家康像の再検討はもとより、信長・秀吉ともに、彼らの個性とされる「革新性」にばかり注目され描かれてきた時代像への私なりの検証/ドラマや小説のイメージが剥がれていくのがちょっと寂しい2018/09/27

bapaksejahtera

10
家康研究はこの半世紀間に急速に進んだという。この結果徳川15代のバイアスの掛った史観は改編を迫られている。著者は特に中世後期戦国大名としての徳川氏が専門で、当時の大名支配の重層構造から論を進める。狭い領域における支配権を有する国衆があり、これを抑えるより広い領域を支配する惣国衆に服属する。徳川は惣国衆今川織田に挟まれた境界領域に位置し、苦しい領域運営を迫られた。そうした歴史展開の中で家康及び松平氏は生き延びた。熟柿を座して得たのではなく況して運によっただけでもない。歴史というものの不思議を感じるのである。2021/04/25

中島直人

7
(図書館)歴史が権力者の都合の良いように書き換えられることが非常によく分かる。本能寺の変以降の五か国制覇、小牧長久手の戦い、関東への移封について、いっぱいいっぱいの徳川家康が、如何に豊臣秀吉を利用したかという視点でみると、全く違った風景に見えてくる。2017/12/04

うしうし

6
テンポよく概説が進む。良書ではあるのだろうが、本多隆成氏・笠谷和比古氏・平山優氏の著作と比較すると、本書は読後感が物足りない。執筆方針である徳川中心史観からの脱却や境目の国衆を重要視するという姿勢は貫かれているが、これらはむしろ近年の歴史学では常識であり、前提となっていると思う。また、「惣」国家や「惣無事」活動など、著者独特の表現はもあるが、他の研究者が既に規定している概念をわざわざ他の言葉に置き換えたものという印象を受け、これらも用語としては違和感を覚えた。2018/02/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11965162

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。