保育ナビブック
私たちのまちの園になる―地域と共にある園をつくる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 79p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784577814062
  • NDC分類 376.14
  • Cコード C3037

内容説明

子どもを中心に園が地域とつながることで、互いに育み合えるコミュニティを創造していく。これからの新しい園のあり方を展望します。

目次

第1章 暮らしの場をデザインする―ロケーション・室内環境(地域とその特徴;子どもたちの1日;子どもたちを取り巻く環境)
第2章 子どもたちを育む人々―職員の役割、保護者との関係性(それぞれの職員の役割;園の役割;保護者の声)
第3章 子どもたちにとっての「まち」の役割(着物のプロジェクト―小竹向原園;ガーデナーさんとのプロジェクト―六本木園;土づくりのプロジェクト―吉祥寺園;町会との連携、子育て世帯と地域をつなぐプロジェクト―小竹向原園)
第4章 座談会1 地域と園のあり方を探る
第5章 座談会2 園にとって「まち」とは?「まち」にとって園とは?―育ちの希望が生まれる場

著者等紹介

秋田喜代美[アキタキヨミ]
東京大学大学院教育学研究科教授。同附属発達保育実践政策学センターセンター長。1957年大阪府生まれ。世界授業研究学会(WALS)副会長。内閣府子ども・子育て会議委員。厚生労働省社会保障審議会児童部会保育専門委員会副委員長。専門は、保育学、発達心理学、教育心理学、教師教育

松本理寿輝[マツモトリズキ]
まちの保育園代表。ナチュラルスマイルジャパン株式会社代表取締役。1980年生まれ。一橋大学商学部商学科卒業。2010年4月ナチュラルスマイルジャパンを創業。3園の認可保育所を運営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。