岩波文庫<br> 増補 幕末百話 (増補)

個数:

岩波文庫
増補 幕末百話 (増補)

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年05月19日 00時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 329p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784003346914
  • NDC分類 210.58
  • Cコード C0121

出版社内容情報

明治も半ば,篠田鉱造(1871-1965)は幕末の古老の話の採集を思い立った.廃刀から丸腰,ちょんまげから散切,士族の商法,殿様の栄耀,お国入りの騒ぎ,辻斬りの有様,安政の大地震,道具の投売……幕末維新を目のあたりにした人々の話は,想像もつかない面白いことずくめだった.日本社会の激変期を語る貴重な証言集.(解説=尾崎秀樹)

内容説明

明治も半ば過ぎ、篠田鉱造(1871‐1965)は幕末の古老の話の採集を思い立つ。廃刀から丸腰、ちょん髷から散切、士族の商法、殿様の栄耀、お国入りの騒ぎ、辻斬りの有様、安政の大地震…幕末維新を目の当たりにした人々の話は、想像もつかない面白いことずくめだった。激変期の日本社会を庶民が語る実話集。

目次

幕末百話(江戸の佐竹の岡部さん;上野山門に屯集の賊徒ども;縁の下の力持(芝居の小道具)
水戸御用千住の鬼熊 ほか)
今戸の寮(錦絵のような生活;人力に曳殺さる;看板娘菊ちゃん;全盛期と没落期 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

テツ

35
明治中頃に当時の老人たちに幕末から明治初期の話を聞いてまとめたもの。無名の、市井の人々が眺めてきた時代の移り変わりやそれにまつわる事件の数々。どのような歴史の転換期にだって普通に生きている人はいるし、普通の目線で社会を眺めているもんだ。歴史に名を残すような英雄ではなく、極々普通の人たちの目線で語られる昔のお話は面白かったです。2019/06/07

やいっち

26
幕末維新を古老に聞き書きしたもの。著名人は敢えて避けて、武士や商人、町民など多彩な人々の話題を豊富に。感想ならぬ気になる点は、これまで随時、メモってきたので、裏話の数々を楽しんだとだけ書いておく。2018/11/26

tsu55

23
市井の人々が語る幕末・維新史。昔の人の口調をそのまま記録しており、落語のようで面白い。付録の「今戸の寮」は別荘地であった隅田川河畔の風景が目に浮かぶようで、楽しめた。2016/09/27

しんすけ

21
25年ほど前に読みかけたが、都合によって積読なっていた本。 明治33(1900)年から篠田鉱造が幕末に生きた九九人の古老たちから聞き取り調査を行った結果を新聞に連載したものだ。大半が江戸の庶民で武家社会と異なる生き方が息づいているようで興味深い。ただし百話のすべてがテーマが異なるので通して読むには根気がいる。 短編集が長編よりも読了に時間がかかるのに似ている。 それでも身近に感じさせる面白い話もあった。 家から2分ほど歩いたところに中山道の「縁切り榎」って名所がある。2020/12/30

ちくわん

19
1996年4月の本。最初は明治35年(1902年)報知新聞に掲載。三年後に単行本となるが売れず、昭和4年(1929年)に聞き書き「今戸の寮」を付けて再登場。これが本書の底本。幕末を生きた方々の語りのためなかなか理解できない箇所も多々あるが銭形平次捕物控を読み進める上で、大変参考になった。やはり維新(本書では一新とある)の前後では日本は全く異なる。2022/02/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/560373

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。