• ポイントキャンペーン

しあわせの昔話
つばさをもらったつき―ブルガリアのむかしばなし

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 31p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784577021705
  • NDC分類 E
  • Cコード C8771

内容説明

多くの魔法昔話には、主人公に、どうしてもかなえたい願いごとや、苦難があります。この話では、子どもがほしいという年老いた夫婦の願いが、軸になっています。心やさしい月が、鴨の翼をつけて地上におりてきて、娘の姿になって、夫婦を助けます。娘がほしいという二人の願いはかなえられましたが、また鴨にもどらないようにと羽根を焼いことにより、人間との共存関係が崩れていきます。また、月が天上にもどることができず、闇夜がつづくという神話的なモチーフのスケールの大きさに、「月」が昔の人に与えていた畏怖を感じます。「月」は人間が所有するものではなく、どうしても、天の高みにかえさなくてはならないのですが、月の心やさしさに、二人は安らぎを知ったことでしょう。さびしい老夫婦だけの暮しが、娘が加わったことで、どんなに明るくなったことか、二人のうれしさが伝わってくるようです。