双葉文庫<br> 大相撲行司さんのちょっといい話

個数:
電子版価格 ¥496
  • 電書あり

双葉文庫
大相撲行司さんのちょっといい話

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2017年02月26日 03時06分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 221p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784575714081
  • NDC分類 788.1

内容説明

大相撲生活49年!その正確な裁きと美しい所作から名行司と称され行司の最高位「木村庄之助」を襲名。その後、惜しまれつつ引退した著者がコッソリ明かす、土俵のウラ話エッと驚き、フムフムと納得!大相撲ファンはもちろん、「裏方仕事」に興味津々の方も必読!

目次

第1章 行司界の不思議
第2章 身近で見た力士の世界
第3章 相撲字の世界
第4章 立行司・木村庄之助
第5章 相撲界への恩返し
第6章 プロ・アマ『立行司』対談

著者紹介

三十六代木村庄之助[サンジュウロクダイキムラショウノスケ]
1948年、鹿児島県生まれ。本名、山崎敏廣。64年3月、式守敏廣として初土俵を踏む。85年1月、十両格行司に昇格。2000年1月、番付書主任となる。2008年5月、38代式守伊之助を襲名。11年11月、36代木村庄之助を襲名。13年5月の夏場所をもって、相撲協会を定年退職。井筒部屋所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)