双葉文庫<br> 無縁坂―知らぬが半兵衛手控帖

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり

双葉文庫
無縁坂―知らぬが半兵衛手控帖

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 319p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575664041
  • NDC分類 913.6

内容説明

北町奉行所例繰方与力の松岡兵庫の妻女が行方知れずになった。北町与力大久保忠左衛門の命を受け、密かに松岡の妻女芳乃を探しはじめた臨時廻り同心白縫半兵衛だったが、芳乃の足取りが明らかになるにつれ、ある浪人者の影がちらつきはじめる。「世の中には知らん顔した方が良いこともある」と嘯く、白縫半兵衛の粋な人情裁きを描く好評シリーズ第十弾。

著者紹介

藤井邦夫[フジイクニオ]
1946年、北海道旭川生まれ。テレビドラマ「特捜最前線」で脚本家デビュー。以後、刑事ドラマ、時代劇を中心に400本以上の作品を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

同心の白縫半兵衛らは、辻斬り強盗の捕物の際に、人足の峰吉と関わりを持った。そんな折、廻り髪結の房吉は、匕首を持った男たちが峰吉を襲おうとする現場に遭遇する。毎日、思案橋の袂に佇む峰吉の腕には、三分二筋の入墨があり…。シリーズ第十弾。