PHP新書<br> 病院に行かない生き方

個数:
電子版価格 ¥950
  • 電書あり

PHP新書
病院に行かない生き方

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569851631
  • NDC分類 498.3
  • Cコード C0295

出版社内容情報

養老孟司氏推薦!「医療に頼らず、自分に頼れ。池田流健康術の極意」
医者のいうことを聞いていれば、健康になれると考える人は多いが、それは本当だろうか。
人間ドックですべての項目が、「異常なし」である人はほとんどいないし、健康診断で”平均値の罠”にはまって病人に仕立てられる可能性もあるかもしれない。
他人の判断には限界があり、自分にしか気づけないことが少なからずあるもの。重要なのは、「自分の体は自分で観察すること」。
また、野生動物から学ぶことも多い。まず、人間以外の生物は、余計なことをしない。人間は無理に環境に適応しようとするから心身に問題をきたすのではないか。
本書では、健康を通して、最後まで自分らしく生きるための過ごし方を考える。

内容説明

医者のいうことを聞いていれば健康になれると考える人は多いが、本当だろうか。人間ドックですべての項目が「異常なし」である人はほとんどいないし、健康診断で“平均値の罠”にはまって病人に仕立てられる可能性もあるかもしれない。他人の判断には限界があり、自分にしか気づけないことが少なからずある。重要なのは、「自分の体は自分で観察すること」。また、野生動物から学ぶことも多い。まず、人間以外の生物は余計なことをしない。人間は無理に環境に適応しようとするから心身に問題をきたすのではないか。本書では、健康を通して、最後まで自分らしく生きる過ごし方を考える。

目次

第1章 人間の個体差を侮ってはいけない(酒のおかげで元気でいられる;平均値の罠 ほか)
第2章 健康法は自分で決める(健康法を妄信するのは危険;楽しいかどうかで判断 ほか)
第3章 自分の身の守り方は野生動物から学ぶ(コアラは体調によってユーカリの種類を選ぶ;洗いすぎると悪玉菌が増える ほか)
第4章 感染症との終わりなき闘い(短期間で感染拡大した新型コロナウイルス;健康そうに見える感染者 ほか)
第5章 死ぬまで自分らしく生きる(人間は「なんとなく生きる」ができない;頭は使わないと間違いなく退化する ほか)

著者等紹介

池田清彦[イケダキヨヒコ]
1947年、東京都生まれ。生物学者。東京教育大学理学部生物学科卒業、東京都立大学大学院理学研究科博士課程生物学専攻単位取得満期退学、理学博士。山梨大学教育人間科学部教授、早稲田大学国際教養学部教授を経て、山梨大学名誉教授、早稲田大学名誉教授、高尾599ミュージアム名誉館長。フジテレビ系『ホンマでっか!?TV』に出演中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Iwata Kentaro

5
献本御礼2022/08/19

nonicchi

5
そう、健康診断って医療利権の為にあるんですよね。高血圧の正常値が140に引き下げられたのも、コレステロールの正常値が以前より厳しくなったのも、薬を売りたい為だと製薬会社勤務の知人に聞いて以来、あまり健診に足が向かなくなりました。ちなみに父(86歳)は5年ほど前、大腸がんステージⅢという診断を受けたのですが、手術、治療はせず、飲み薬等も全く服薬していませんが、未だ元気で毎日池田先生のように晩酌しています。がんは下手に刺激せずに放置すれば、比較的穏やかに最後を迎えられるものだという言葉に励まされました。2022/07/21

Go Extreme

2
人間の個体差: 酒のおかげ 平均値の罠 検査を過信しない 新基準で高血圧が激増 正常な人なんていない 寿命は延びない 老け方にも個性 健康法は自分で決める: 楽しいかどうか タンパク質はやっぱり大事 脳はある程度の糖質が必要 自分の身の守り方は野生動物から学ぶ; 人間は無理に適応しようとする 働かない働きアリが優勢 得意なことだけ 個性を生かした働き方 人間は無駄が多すぎる 感染症との終わりなき闘い 死ぬまで自分らしく生きる: 頭は使わないと退化 脳の働きはトレードオフ 寿命<認知機能の維持 心のフレイル2022/04/30

残心

1
健康診断というのは、「平均的な指標に全員を合わせろ」という考えに基づいていて、個体差を無視している。 検診を受けた人と受けない人の死亡率に差はない。むしろ受けない方が長生きのケースもある。 医療関係者を食わせるために、薬を飲んだり検査をしたりする必要はない。 自分の体を注意深く観察していれば、自分で異変に気付くはず。 この先生は一般人に読ませる文章を書くのが上手のようです。2022/06/04

神谷孝信

0
著者の病院へ行く場合についての見解は大変為になった。42022/06/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19255998

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。