月と日の后

個数:
電子版価格 ¥1,799
  • 電書あり

月と日の后

  • ウェブストアに110冊在庫がございます。(2021年10月26日 22時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 448p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569850092
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

一族の闇、怨念、陰謀が渦巻く宮廷――
藤原道長の娘にして、一条天皇の后・彰子。
父に利用されるだけだった内気な少女は、いかにして怨霊が跋扈する朝廷に平穏をもたらす「国母」となったのか。
『天地明察』『光圀伝』の著者が、“平安のゴッドマザー”の感動の生涯を描く。

わずか十二歳で入内した、藤原道長の娘・彰子。父に言われるがままに宮中に入り、一条天皇を迎える最初の夜、彼女は一条天皇の初めての男児誕生の報を聞く。男児を産んだのは、藤原定子。夫である一条天皇は、優しく彰子に接するが、彼が真に愛した女性・定子の存在は、つねに彰子に付きまとう。
「透明な存在になって消えてしまいたい」――父・道長によって華やかに整えられた宮中で心を閉ざし、孤独を深める彰子であったが、一人の幼子によって、彼女の世界は大きく変わった。
定子の崩御により遺された子、敦康。道長の思惑により、十四歳の彰子がその子の母親代わりとして定められたのだ。戸惑いながらも幼い敦康を腕に抱き、母になる決意を固めた彰子は、愛する者を守るため、自らの人生を取り戻すために戦い始める――。
平安王朝を新たな視点からドラマチックに描いた著者渾身の傑作長編。

内容説明

わずか12歳で一条天皇の后となった、藤原道長の娘・彰子。幼すぎる入内、未熟な心。夫である一条天皇は優しく彼女を包み込むが、彼が真に愛した女性・定子の存在は、つねに彰子に付きまとう。しかし、定子が遺した子を抱きしめた日から、彰子の人生は動き始めた。父や夫に照らされる“月”でしかなかった彰子は、紫式部にも支えられ、やがて「国母」として自ら光を放ち出す―。平安王朝を新たな視点からドラマチックに描いた著者渾身の傑作長編。

著者等紹介

冲方丁[ウブカタトウ]
1977年、岐阜県生まれ。早稲田大学中退。在学中の1996年、『黒い季節』でスニーカー大賞金賞を受賞し、デビュー。2003年、『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、2010年、『天地明察』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞、舟橋聖一文学賞、北東文芸賞、2012年、『光圀伝』で山田風太郎賞を受賞。漫画原作、ゲームの企画制作にも携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のぶ

90
平安絵巻にどっぷり浸れた物語だった。藤原道長の娘、彰子の生涯を宮廷の人物と絡ませて描いた作品。彰子はわずか十二歳で一条天皇の后となる。最初の夜に男児誕生の報を聞く。産んだのは、藤原定子。やがて定子が亡くなり、彰子は親となり子供を育てる事となる。三つの章に分かれているが、最初の章では宮中内の権力闘争が主に描かれている。二章では一条天皇の実子を生んだ彰子が次第に影響力を増していく姿が語られる。全体を通し多くの人が死ぬ小説だった。そんな中で六代の天皇を見届け、87歳の天寿を全うした彰子の強さが印象に残った。2021/10/04

ゆのん

73
歴史を題材にした物語は好きだが個人的に戦国時代が好きな為、平安時代については殆ど知識無く読んだのだが驚くほど面白かった。平安時代後期、一条天皇の中宮・彰子の生涯を描いた本作は波乱に次ぐ波乱。自身の位を確固とする為にここまでやるかと思うほどの人々に囲まれての生涯。人の『怨み』とはこれほどまでに恐ろしいものかと唖然とさせられる。平安時代といえば『雅』というイメージだったので、怨、病、死、火が繰り返されるのには驚く。その中での彰子の菩薩道を貫く姿は胸にグッと迫るものがあった。2021/10/03

雪だるま

15
彰子は紫式部の仕えた后で定子は清少納言の仕えた后。という程度の知識しかなかったのですが、この作品はその時代の彼女たちの事がとても分かりやすく読みやすく書かれていて、長編なのに夢中であっという間に読んでいました。 自分の権威のことばかり考えるこの時代の男達と、その政争に利用されるだけだった女性や子供達。夫である一条天皇の力になりたいと漢学を学び始める彰子の聡明で慈悲深い心と態度に感服しました。改めて枕草子や源氏物語など、この時代の物を読んでみたくなりました。とても良かったです。 #NetGalleyJP2021/09/23

クサバナリスト

12
彰子の皇室、藤原家を中心としながら宮中の安寧を求める長きに渡るその生涯が描かれる。 呪詛、陰謀、放火等、その権力争いは凄まじいものを感じさせる。2021/10/02

mitubatigril

10
藤原道長の娘彰子 父の野望と一族の望みをまだ幼さの残る年だが入内させられる。 その彰子の感じた事を綴る一代記。 源氏物語好きでこの時代の作品は割りと読んでいて大体の知識はあったけれど目線の新しさにグイグイ引き込まれる感じ。 冲方さんの同じ時代の作品「はなとゆめ」は物足りない感じだったけどこの作品は政治的駆け引きや当時の当たり前の世界観で進んで行く感じがいかにもそうだったんだろうと思わせる感じがして楽しめました。2021/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18343536

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。