なぜ日本と朝鮮半島は仲が悪いのか―古代史から見た方がよくわかる 「日本人の正体」につながる物語

個数:
電子版価格 ¥1,199
  • 電書あり

なぜ日本と朝鮮半島は仲が悪いのか―古代史から見た方がよくわかる 「日本人の正体」につながる物語

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年03月29日 09時13分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 294p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569827889
  • NDC分類 210.3

内容説明

中大兄皇子が権力を握ったこと。それが諸悪の根源だった!古の歴史を読み解き、著者がたどり着いた驚きの真相とは?

目次

序章 日本人はどこからやってきたのか(人はなぜルーツを探るのか;時代とともに移り変わった推論 ほか)
第1章 縄文から弥生への移り変わりの真相(古代日本は文化レベルが低かった?;弥生時代の始まりが五百年も遡るという話 ほか)
第2章 神話と史実から見えてくる日朝関係の意外な姿(神話の中で朝鮮半島に舞い降りたスサノオ;騎馬民族が朝鮮半島南部から渡来して日本を征服した? ほか)
第3章 倭の五王と伽耶滅亡の真相(宋に官爵を求めた倭の五王;倭の五王のしたたかな外交観 ほか)
第4章 朝鮮半島諸国のロビー活動と蘇我氏の外交政策(百済は北部九州を奪おうとしていた?;百済は嘘をつく国と批判されていた ほか)
終章 日本人の正体(日本は「お人好し」だけが集まった国?;日本人の文化気質は他の東アジアとは異なる ほか)

著者紹介

関裕二[セキユウジ]
1959年、千葉県柏市生まれ。歴史作家。仏教美術に魅せられて足繁く奈良に通い、日本古代史を研究。文献史学・考古学・民俗学など、学問の枠にとらわれない広い視野から日本古代史、そして日本史全般にわたる研究・執筆活動に取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

日本と朝鮮半島の関係がうまくいかない理由は、古代史から見た方がよくわかる。古の歴史経緯の読み解きから意外な真相を推理する。

【著者紹介】
古代史研究家、歴史作家