脳が変わる考え方―もっと自由に生きる54のヒント

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569794631
  • NDC分類 159
  • Cコード C0034

内容説明

脳の「楽観回路」を育てよう。「頑張ればいい」という考えをまず捨てよう。将来が見えない時代の脳の取扱説明書。

目次

第1章 日本人が変わるために(世界中がネットワークで結びつく時代;ブランド大学がガラパゴス化する ほか)
第2章 自分の「安全基地」をつくる(「何をしたときに褒められたか」で行動パターンは決まる;天才はいかにして生まれるか ほか)
第3章 根拠のない自信をもち、フロー状態をめざす(脳の「楽観回路」を育てよう;根拠のない自信とそれを裏付ける努力を ほか)
第4章 コミュニケーション力と創造性を高める(二つのCが求められる時代;人工知能から見ると、人間の会話は驚異的である ほか)
第5章 脱藩のすすめ(実力さえあればいい;挨拶抜きにいきなりやる ほか)

著者等紹介

茂木健一郎[モギケンイチロウ]
1962年生まれ。脳科学者。ソニー・コンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。東京大学理学部、法学部卒業後、同大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て現職。2005年『脳と仮想』(新潮社)で第4回小林秀雄賞、2009年『今、ここからすべての場所へ』(筑摩書房)で第12回桑原武夫学芸賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。