• ポイントキャンペーン

人間の本質―生きる意味を探る

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569770062
  • NDC分類 147
  • Cコード C0010

出版社内容情報

魂のレベルから生きる意味を問いかける。

魂や霊の研究の世界的権威である本山博氏と、名経営者として知られる稲盛和夫氏が、私たちがいかに生きるべきかを熱く語り合う。

著者の稲盛和夫氏は京セラの創設者(現・名誉会長)であり、稀代の名経営者としてつとに有名であるが、本山博氏の名は世間ではあまり知られていない。しかし、本山氏は、魂や霊の世界の研究者・実践者として、世界的に名高く、本山氏の著作にはユネスコの優良図書になっているものもある。立花隆・著『臨死体験(上)(下)』にもその名は登場し、立花氏が海外の著名な研究者やヒーラーなどへの取材中に、「日本にはドクターモトヤマがいらっしゃるのに、なぜ私に聞くの?」といったくだりがあるほどだ。

▼資本主義経済の限界が顕になり、世の中が混迷を極める現在、本書は、本山氏と稲盛氏の二人が、人として生きる意味、ほんとうの生き方というものを、人間の本質に照らしながら説き起こし、熱く語り合ったものである。

▼愛や思いやり、利他の心をもって生き、魂に目覚めることの大切さがとてもよく伝わってくる本。

●はじめに ――人びとがより幸せになってほしいという切なる「思い」 ……稲盛和夫 
●第一章 資本主義はいつまで続くのか 
●第二章 「魔の時代」から抜け出すために 
●第三章 人間の本質と魂を磨く生き方 
●第四章 祈りと感謝の心に目覚める 
●終章 望ましい未来社会とは? 
●おわりに ――生きる意味について ……本山 博

内容説明

魂を磨き高める!魂や霊についての世界的な研究者と、稀代の名経営者が、真に生きるということを熱く語り合う。

目次

第1章 資本主義はいつまで続くのか(資本主義社会の混乱は収まるのか;今の資本主義は潰れて当たり前)
第2章 「魔の時代」から抜け出すために(現代は「魔の時代」;自殺をする人たちが減らないのはなぜか)
第3章 人間の本質と魂を磨く生き方(人として生まれた意味を考える;魂はどこから来て、どこへ行くのか;魂を磨く生き方)
第4章 祈りと感謝の心に目覚める(信仰を持つということ;祈りと感謝を実践する;利他の心が人も自分も幸せにする)
終章 望ましい未来社会とは?

著者等紹介

本山博[モトヤマヒロシ]
1925年、香川県生まれ。国際宗教・超心理学会(IARP)会長、カリフォルニア人間科学大学院大学(CIHS)学長、文学博士。玉光神社宮司。東京文理科大学大学院博士課程修了。アメリカ・デューク大学研究員・講師、インド・アンドラ大学大学院客員教授、イタリヤ学士院アカデミア・チベリナ正会員。幼児よりの厳しい修行をとおして体得した宗教経験の世界を電気生理学的、生物物理学的研究方法により明らかにするとともに、各学問専門分野より宗教について考察

稲盛和夫[イナモリカズオ]
1932年、鹿児島県生まれ。鹿児島大学工学部卒業。59年、京都セラミック株式会社(現・京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年より名誉会長を務める。84年には第二電電(現・KDDI)を設立、会長に就任。2001年より最高顧問。このほか、84年に稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった方々を顕彰している。また、若手経営者のための経営塾「盛和塾」の塾長として、後進の育成に心血を注ぐ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっきー

10
✴2 対談相手の稲盛和夫は京セラ、第二電電(→KDDI、au)のスピリチュアルに関心がある経営者で、無私の心で一心不乱に修行者のように仕事に打ち込めば自分の魂を磨くことができ成功できるらしい、確かに否定はしないが、あんたがそれを言って社員がそんだけ滅私奉公すれば儲かって仕方ないよなとへそが曲がった自分は思うわー、ヨガ、座禅にハマるIT経営者にはスティーブ・ジョブズもいたがその日本版だ、本山の「アジアでは自然を支配する必要がなく、自然についていけばいい」という東洋思想的な言い方は気に入った2019/05/29

小豆姫

7
人間の本質は魂であり利他に生きることがなにより大切なんだということが、お二人の真摯な対話をとおして熱く伝わってきた。2021/04/19

アキちゃん

5
利他心 躾は大事。人間の祈りそのものが恨みなどを清める力を持っている。感謝 祈りみんなと一つになって動けるような知恵、創造力、愛をそだてる。人間の本質は魂。2018/07/29

m

1
稲盛さんの器の巨大さがとてもよくわかる。理解できないことにも沿っていく所が献身的にも見える。本山さんの、稲盛さんじゃなきゃダメだっていう理由は受け止めてくれるからなんだろうなぁ・・・と勝手に想像した。内容よりも対談からにじみ出る2人の関係性が気になって仕方ない。2012/12/19

ガチャ

0
愛や思いやりを持って、人のために行う。 そうすると神様の力が入ってきて、自分や人生を生かす知恵が、魂から自然に湧いてくる。 一番印象に残ったことである。言葉にするのは簡単だけど、実践が大事。 稲盛さんは利他の心を持って、お手本を示してくれている。 私も見習って、日々心に留め、自分のできる範囲で実行したい。2017/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/259583

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。