• ポイントキャンペーン

超・営業法―「行政書士」開業初月から100万円稼いだ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569634654
  • NDC分類 327.17

内容説明

行政書士の世界は、平均年収300万円。「開業しても3年は喰えない」といわれている。著者は、金・コネ・人脈など一切ない状態で開業、その初月から、『ファックスDM』をはじめとする頭脳マーケティングで、月商100万円を稼ぎ、1年間で30の支部を有する相続処理のチェーンを作り出した。本書は、年間数千万円の稼ぎを可能にする、営業・集客の技術をあますことなく紹介する書である。

目次

1 年収300万と1000万、あなたはどちらを選びますか?
2 成功するための心構え
3 成功への足がかりはコミュニケーション能力の向上にある
4 「お客・情報・金」が集中するビジネス戦略
5 ファックスDMで自動的に顧客を集める
6 広告費を使わず集客する戦略
7 一度獲得した顧客を逃さないために
8 組織化でさらに大きく稼ぐ
9 もっと儲けるための方法

著者紹介

金森重樹[カナモリシゲキ]
1970年生まれ。東京大学法学部卒。ビジネスプロデューサー。行政書士、中小企業診断士。金森合同法務事務所所長。3年は食えないといわれる行政書士事務所の開業初月に、ファックスDMによる集客で月商100万円を叩き出し、開業初年度には30超の支部を有する相続処理の全国チェーンを構築。発行するメルマガはマーケティング部門で読者数日本一。その凄まじい営業力から「法律家の皮をかぶった商売人」と呼ばれる