• ポイントキャンペーン

お金だけが知っている―目からウロコの経済学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569632773
  • NDC分類 330.4

内容説明

グローバル化の本当の意味、これからの世界がどうなるか?時代を先取りして、賢く生きる智恵のすべて。

目次

序章 国境線に異状あり
第1章 「アジアの時代」がやってきた?(「文明の衝突」は新しい文明への出発点;国破れてラーメンとギョウザが残った ほか)
第2章 日本外交は曲がり角(特命全権大使の時代はすぎた;日本外交のこのざまは? ほか)
第3章 すべてはお金でカタがつく(所得の高い国からの出稼ぎがはじまる;帝国主義時代が終わった本当の理由 ほか)
第4章 これからの世界の動きが読めますか(石油が一バレル五〇ドルという時代;二十一世紀の世界地図は三つの色に ほか)
終章 世界は、喧嘩外交が華ざかり

著者紹介

邱永漢[キュウエイカン]
1924年、台湾・台南市生まれ。1945年、東京大学経済学部卒業。小説『香港』で第34回直木賞を受賞。以来、作家・経済評論家・経営コンサルタントとして活躍

出版社内容情報

おカネの動きを見れば、世界が読める!

お金の動きを見れば、世界のすべてがわかる! 金銭通・国際通で知られる著者が、時代の変化を先取りし、賢く生きる知恵を披露する。

世の中の動きをもっとも敏感に察知するのはお金である。お金は人間より先に儲かる方向に動こうとする。しかも、お金は人間と違って、移動に際してパスポートを必要としないし、国籍もないので世界中を自由に行き来できる。世界で今後どんなことが起こるかを知りたければ、お金に聞けば間違いない――月刊誌『Voice』の好評連載「双方向性の国際交流学」の単行本化。これからの世界がどうなるかを、著者独自の視点でわかりやすく解説していく。

▼目次より◎国境線に異常あり◎「アジアの時代」がやってきた?◎日本外交は曲がり角◎すべてはお金でカタがつく◎これからの世界の動きが読めますか◎世界は、喧嘩外交が華ざかり

▼世界でどんなことが起きるかを知りたければ、私に聞くよりはお金に聞くほうが間違いがない! 金銭通・国際通で知られる著者が、真のグローバル化の意味を理解し、時代を先取りして賢く生きる智恵を披露する一冊である。

●序章 国境線に異状あり 
●第1章 「アジアの時代」がやってきた? 
●第2章 日本外交は曲がり角 
●第3章 すべてはお金でカタがつく 
●第4章 これからの世界の動きが読めますか 
●終章 世界は、喧嘩外交が華ざかり