ウォンカとチョコレート工場のはじまり―ロアルド・ダールの『チョコレート工場の秘密』の前日譚!

個数:
  • ポイントキャンペーン

ウォンカとチョコレート工場のはじまり―ロアルド・ダールの『チョコレート工場の秘密』の前日譚!

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 276p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784566014626
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8097

内容説明

あの名作『チョコレート工場の秘密』のチョコレート工場が生まれる前には、こんな夢と想像力の物語があった…。この世にあるすてきなものはすべて、夢みることからはじまる。ウィリー・ウォンカの子どものころからの夢は、チョコレートをつくって世界中の人たちに楽しんでもらうこと。そこで若きウィリーは、チョコレートの殿堂“グルメ・ガレリア”にやってきた。おいしいチョコレートをみんながひとくち味わうたびに、世界が変わっていくと信じて!ところが、ウィリーの才能をねたむチョコ組合3人組にねらわれるし、だまされて洗濯店でずっと働くはめにもなる。そんなウィリーが夢をかなえるには、ちょっとした幸運に、たくさんの魔法、そして仲間たちの助けが必要なのだが…。ウィリー・ウォンカにとって、不可能なことなどない!この本は、映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』のノベライズ版です。映画監督のポール・キングがストーリーを構想し、サイモン・ファーナビーとともに脚本を執筆。その映画の物語が、人気児童文学作賀のシベアル・パウンダーの手によって、本の形に生まれ変わりました。夢と友情とチョコレートのわくわくする世界にようこそ!

著者等紹介

武富博子[タケトミヒロコ]
東京生まれ。幼少期にメルボルンとニューヨークで暮らす。上智大学法学部国際関係法学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

☆よいこ

71
児童書。ロアルド・ダール『チョコレート工場の秘密』の前日譚を映画監督のポール・キングとサイモン・ファーナビーが脚本を描き、児童文学作家のシベアル・パウンダーが書いた物語。歌あり踊りありの華やかな演出▽貧しい母子家庭で、母の作る誕生日のチョコレートが大好きだったウィリーは将来自分のチョコレート屋を開くことを夢見た。母が亡くなり、ウィリーは世界中を巡ってチョコレートの材料と魔法を手に入れた。憧れの町グルメ・ガレリアは3人の悪徳チョコレート店に支配されていた。騙され洗濯屋に落とされたウィリーは仲間と奮闘する。2024/04/21

必殺!パート仕事人

3
考えてみたら『チョコレート工場の秘密』に感動してから50年近くたつんだなぁ。ウォンカ氏の作ったチョコレートの材料に日本の皇居の桜というのが出てきますな。キリンのミルクを取りに行く話、ミルクは赤ちゃんのいるメスしか出ませんが、わかっていますかね?キリンを「ミス・アビゲイル」と呼んでいましたが。2024/02/13

むむむ

2
主人公が困難に見舞われながらも成功を収める典型的なストーリーではあるが、不思議なことがたくさん起こるため、映画でぜひ観てみたいと思えた。2024/01/06

manaty

1
映画は見てないけど、映画を見てるようにすごく巧みに表現されている。ロアルド・ダールのウォンカのイメージも、ティム・バートンのウォンカのイメージも崩すことなく描かれている。ウォンカの変人ぶりと愛情深さが本当によく書かれている。ウォンカファンにはたまらない一冊だった。2024/03/16

今村623

1
映画のノベライズ。下宿先の契約書が長文で全部読めない!は現代にも通じるジョーク。下宿人がチームでウォンカを助け、チョコレートの店を成功させようと奮闘するあたりはアベンジャーズさながら。 ウォンカのお母さんが出てくるが、お父さんどこ。2023/12/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21717862
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。