ビジュアル版介護予防マニュアル<br> 楽しく続ける認知症予防のアクティビティ

個数:

ビジュアル版介護予防マニュアル
楽しく続ける認知症予防のアクティビティ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年11月19日 12時42分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 95p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784564430633
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C3036

内容説明

これからの介護保険の方向性は、「予防」へ!本書では、認知症予防につながるレクリエーション的な、科学的根拠に基づいた効果の見込めるアクティビティを紹介しています。本シリーズは東京都老人総合研究所の知見をバックボーンにした、しかも楽しく続けられる画期的な内容です。

目次

序章 認知症予防アクティビティを始める前に
第1章 「エピソード記憶」を鍛える認知症予防アクティビティ
第2章 「注意分割機能」を鍛える認知症予防アクティビティ
第3章 「計画力(思考力)」を鍛える認知症予防アクティビティ
第4章 「有酸素運動」による認知症予防アクティビティ
付録 事前事後評価用紙フォーマット

著者等紹介

矢冨直美[ヤトミナオミ]
東京都老人総合研究所自立促進と介護予防研究チーム認知症介入研究グループ主任研究員。茨城大学人文学部卒業後、東京都老人総合研究所精神医学研究員などを経て、現職。高齢者等のストレス、老人福祉施設の入居者のケア、高齢者の認知症予防を専門とする。厚生労働省認知症予防・支援研究班メンバー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。