栄養素でわかる食品と健康―WEB連動テキスト

個数:
  • ポイントキャンペーン

栄養素でわかる食品と健康―WEB連動テキスト

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月10日 01時03分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 199p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784563073657
  • NDC分類 498.5

内容説明

本書は、「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」に準拠したテキスト・参考書である。まず、活き活きと生きるために必要な、食べ物に含まれる栄養素の種類と量、その摂取手段などをさまざまな視点から解説し、次に食品の調理と加工、特に調理による食品物性と栄養素の変化について紹介する。さらに、食品の安全性と食糧の流通、次世代食品についても言及している。なお、解説の随所には、適宜関連するWEB情報へアクセスできるようになっている。

目次

第1部 栄養素とその必要量および摂取手段(食べ物と病気との関わりの歴史;活き活きと生きるために必要な栄養素と1日当たりに必要な量(食事摂取基準) ほか)
第2部 調理と加工(食品の加工技術と保存技術;調理による食品物性と栄養素の変化 ほか)
第3部 食品に関わる諸問題(食品の安全性;食料の流通と環境問題)
第4部 次世代食品(超高齢社会に必要な生体調整物質;常温長期保存食品 ほか)

著者紹介

柴田克己[シバタカツミ]
1974年岐阜大学農学部卒業。1979年京都大学大学院農学研究科博士課程修了、農学博士。帝国女子大学家政学部講師。1982年~83年米国ミネソタ大学生物科学部リサーチフェロー。1986年帝国女子大学家政学部助教授。1992年大阪国際女子大学人間科学部教授。1996年滋賀県立大学人間文化学部教授

木戸康博[キドヤスヒロ]
1979年徳島大学医学部栄養学科卒業。1981年徳島大学大学院栄養学研究科修士課程修了。大塚製薬株式会社徳島研究所研究員。1987年徳島大学医学部助手。1997年京都府立大学人間環境学部助教授。博士(栄養学)徳島大学。2007年京都府立大学人間環境学部教授。2008年京都府立大学大学院生命環境科学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)