電子情報工学ニューコース<br> アナログ電子回路―初めて学ぶ人のために

個数:
  • ポイントキャンペーン

電子情報工学ニューコース
アナログ電子回路―初めて学ぶ人のために

  • 高木 茂孝【著】
  • 価格 ¥2,916(本体¥2,700)
  • 培風館(2008/11発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 54pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 19時03分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 206p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784563069858
  • NDC分類 549.3

内容説明

初めてアナログ電子回路を学ぶ人のための入門書である。新時代を考慮し、バイポーラトランシズタに偏ることなくMOSトランジスタを使った増幅回路にも重点をおいてバランスよく説明した。別々に読んでも理解できるように工夫されている。なぜ等価回路と呼ばれる回路を使って解析するのか、など初学者がつまずきそうな点に注意し、基礎理論から始め、簡単な回路設計ができるレベルまで丁寧に説明している。できるかぎり同じ数値例を繰り返して使い、条件によって増幅回路の特性がどのように変わるかを比較ができるようにした。豊富な演習問題と詳しい解答があり独習にも適している。

目次

1 電子回路の基礎
2 半導体素子
3 半導体素子のモデリング
4 基本増幅回路
5 実際の増幅回路
6 複数のトランシズタを用いた増幅回路
7 増幅回路の周波数特性
8 帰還回路技術
9 演算増幅器とその応用

著者紹介

高木茂孝[タカキシゲタカ]
1981年東京工業大学工学部電気・電子工学科卒業。1986年東京工業大学大学院博士課程修了(工学博士)。東京工業大学電子物理工学科助手。1990年東京工業大学理工学国際交流センター助教授。2002年東京工業大学大学院理工学研究科集積システム専攻教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)