Hakuto management<br> 知的財産の経済・経営分析入門―特許技術・研究開発の経済的・経営的価値評価

個数:
  • ポイントキャンペーン

Hakuto management
知的財産の経済・経営分析入門―特許技術・研究開発の経済的・経営的価値評価

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月16日 22時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 356p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784561245049
  • NDC分類 331.19
  • Cコード C3034

内容説明

近年、知的財産が企業に競争優位をもたらすといわれるが、具体的な数値を用いての研究は少ない。本書は、知的財産・研究開発活動と、企業経営・マクロ経済の関係について、実務家が意思決定に役立つ分析手法を身につけられるように詳しく教える。

目次

アメリカの知的財産政策と経済的意義
主要経済データとしてのGDP
主要データの関連分析(最小二乗法)について
エクセルを用いた回帰分析手法
技術進歩(無形資産)の経済的効果
研究開発投資の経済的効果
回帰分析におけるデータ処理・分析上の留意点
知的財産制度と経済成長
外国特許と対外経済活動との関連分析
知的財産と企業の経営分析
株価データと研究開発の収益性低下に関する分析
職務発明対価の判例動向と経営的課題

著者等紹介

石井康之[イシイヤスユキ]
1951年香川県に生まれる。1974年一橋大学経済学部卒業。東京海上火災保険株式会社入社。1991年(財)知的財産研究所に出向(主任研究員)。1994年(株)東京海上研究所(主席研究員)。2002年株式会社ミレアホールディングス法務リスク管理部マネージャー。2005年専修大学大学院経済学研究科修了(計量経済修士)。東京理科大学専門職大学院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。