文庫クセジュ<br> ツール・ド・フランス100話

個数:

文庫クセジュ
ツール・ド・フランス100話

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月25日 09時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 172p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784560509913
  • NDC分類 788.6
  • Cコード C1275

出版社内容情報

ツール・ド・フランスの歴史から、選手・コースにまつわる秘話、用語解説までを満載した概説書。観戦の楽しみが増す一冊。

内容説明

三週間にわたる自転車耐久レースは二〇一三年一〇〇回目を迎えた。誕生秘話から黄色のジャージ、難所の峠まで、魅力的な逸話を満載し、「ドーピング問題」にも言及する。そして何より、選手が織りなす悲喜こもごものドラマ。人気の秘密がかいま見える一〇〇の話題を紹介。

目次

大所帯の大移動
一九〇三年―ツールの誕生
一九〇三年―あわや中止に
アンリ・デグランジュ(一八六五~一九四〇年)
一九〇四年―荒れまくった二回目
一九〇五年―すってんてんの王者
リュシアン・プティ=ブルトン(一八八二~一九一七年)
一九一〇年―ピレネーの登坂
トゥルマレ峠
一九一一年―謎の毒物事件〔ほか〕

著者等紹介

斎藤かぐみ[サイトウカグミ]
1964年生まれ。東京大学教養学科卒。欧州国際高等研究院(IEHEI)修了。フランス語講師・翻訳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hope

20
フランスに夏が来るたびに、新しい物語が加わっていく。ツールが100回目を迎えた年に出版されたエスプリの効いた四方山話。誕生秘話(ドレフュス事件と一匹の犬)からスキャンダルまで、100年以上に渡って人々を熱狂させてきたグローカルなストーリー。 次々に現れるタフガイたち、その悲喜こもごも。快挙や伝説、汗と血潮、歓喜と怨恨、計算と勇気、涙と快哉。ドーピングが可愛いと思える程、想像の遥か上をいく不祥事や悪質行為それもまた人間であり、ロードレースなんだ。そうか、ツール・ド・フランスには人間ドラマの全てがある。2021/01/21

うえ

9
面白すぎて一気に読了。「ドレフュス事件がなかったら、ツール・ド・フランスは生まれなかった、かもしれない」という成り立ちから、1926年の日本人出場選手、よく知られているドーピング問題まで。クセジュ文庫には珍しい(?)読ませる一冊。著者はル・モンド、ル・ポワンの敏腕記者二人。開催者ゴデは「作家のブロンダンにこう言わしめた「ドゴール将軍は12か月のうち11か月、フランスを統率する。7月はジャック・ゴデだ。」軍人となるために生まれたような人間がいるのと同様、彼にはツール・ディレクター以外の経歴は考えられない」2017/01/03

ケニオミ

9
ツール・ド・フランスの100回目を記念して、その歴史を振り返り、100話で結んだのが本書です。レース当事者は勿論、サポーターも登場し、ツールの深みを伝えています。ツールは肉体の限界に挑戦する過酷な自転車レースというイメージがありますが、本書を読んでいると、限界を超えたレースのようでした。薬物に頼らなければレースには勝つことができず、服用は公然の秘密だったようです。レースに勝つためにチーム仲間を騙すことも横行しており、スポーツマン精神などどこへやらという面もあるようで、ちょっとイメージが崩れてしまいました。2014/08/29

suisei214

5
翻訳モノなのでフランス人のエスプリがわからないと読み進めるのかなり苦労する。弱虫ペダルきっかけでうっすらとしか知らなかったツールの影の歴史がかなりわかって面白かった。元の書き手さんたちはフランス人以外に厳しい気がする。ランスさんへの厳しい描写にちょっと驚きました。2014/11/24

はぐ

4
競技としての話ではなく、ツール・ド・フランスが誕生した背景や、各選手のエピソードや人間ドラマ、さらにはドーピング問題にも触れている、ツール・ド・フランス外伝的な一冊。コースは全長4000キロ(かつては5000キロ以上で開催したこともあったらしい)、ほぼ山登りといってもいいような峠越えもある、過酷なコース設定のせいでドーピング問題が後を絶たないのだろうけど、今さら平坦なコースにしても魅力がない。完全に沼にはまった、世界中が熱狂する祭りなんだなと思った。2021/10/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8040170

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。