文庫クセジュ<br> ローマ帝国―帝政前期の政治・社会

個数:

文庫クセジュ
ローマ帝国―帝政前期の政治・社会

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 152,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784560509746
  • NDC分類 232.8
  • Cコード C1222

内容説明

「元老院による共和政」からカエサル主義およびアウグストゥスによる「帝国的君主政」が形成された。皇帝、首都ローマ、軍隊、属州行政など帝国の統治構造を概説、また人口や社会階層、経済の動向、地方都市についても論じている。帝国内部で発生した反乱ならびに外来部族からの進入問題についても言及。

目次

第1章 ローマ帝国またはローマの支配(ローマの世界支配;事実上の君主政)
第2章 「人が住んでいる世界」の統治(皇帝;首都ローマ;属州の行政)
第3章 八〇〇〇万人の住民(人口と社会;帝国―世界;何千という都市)
第4章 帝国の諸問題(ローマ化の問題;反乱の問題;外来部族の問題)

著者紹介

北野徹[キタノトオル]
1938年生まれ。1962年東京大学法学部卒。1970~72年フランス留学(帝人株式会社より派遣)。TIS(株)取締役、日本ケーブル・アンド・ワイヤレスCSL(株)常務、TIS(株)監査役、(株)TIS東北ソフトウエアエンジニアリング社長を歴任。現在、(有)エクステリア総合研究所社長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

帝政前期をテーマごとに解説。また、あまり触れられることのない東方の情勢についても随所で記述。