ピアニストが見たピアニスト―名演奏家の秘密とは

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 278p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560026625
  • NDC分類 762.8
  • Cコード C1073

内容説明

アルゲリッチはどうしてソロを弾かないのか?ミケランジェリはなぜ歌を封印してしまったのか?現役ピアニストにして気鋭の作家が、六人の名演奏家の技と心の秘密を解きあかす。

目次

負をさらけ出した人―スビャトスラフ・リヒテル
イリュージョニスト―ベネデッティ=ミケランジェリ
ソロの孤独―マルタ・アルゲリッチ
燃えつきたスカルボ―サンソン・フランソワ
本物の音楽を求めて―ピエール・バルビゼ
貴公子と鬼神の間―エリック・ハイドシェック

著者紹介

青柳いづみこ[アオヤギイズミコ]
ピアニスト・文筆家。安川加寿子、ピエール・バルビゼの各氏に師事。マルセイユ音楽院首席卒業。東京芸術大学大学院博士課程修了。89年、論文『ドビュッシーと世紀末の美学』により、フランス音楽の分野で初の学術博士号。90年、文化庁芸術祭賞。演奏と執筆を両立させる希有な存在として注目を集めており、5枚のCDは『レコード芸術』誌で特選盤となるほか、師安川加寿子の評伝『翼のはえた指』(白水社)で第9回吉田秀和賞、祖父青柳瑞穂の評伝『真鷹のあわいに』(新潮社)で第49回日本エッセイストクラブ賞を受賞。2001年には『水の音楽』の書籍(みすず書房)とCD(キング・レコード)を同時刊行、大きな話題を呼んだ。JMLセミナー入野義朗音楽研究所にて「ドビュッシーのピアノ曲・解釈と演奏法」開講。大阪音楽大学教授