フィレンツェの傭兵隊長ジョン・ホークウッド

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 298,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560026205
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0022

内容説明

稀代の武将の数奇な生涯を描くとともに、中世イタリアの傭兵の実態をつぶさに解説。

目次

傭兵隊長の葬儀
第1部 兵士(見習い期間;平和は災難―ブレティニ一三六〇年;軍人稼業 ほか)
第2部 人物(外なる悪、内なる徳;妻子と友人たち)
第3部 歴史と神話のあいだで(大理石の記念像と描かれた記念像;狡猾な匪賊、もしくは騎士)

著者紹介

和栗珠里[ワグリジュリ]
1963年愛媛県生まれ。1986年神戸市外国語大学卒業(英米語学科)。1993年同志社大学文学部博士後期課程単位取得後退学(文化史学西洋史専攻)。桃山学院大学・立命館大学・神戸女学院大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

中世イタリアは一種の戦国時代であり、傭兵が重要な役割を果たしていた。稀代の武将の数奇な生涯を中心に当時の社会を活写する。