記号学とは何か―メッセージと信号 (新装復刊)

個数:

記号学とは何か―メッセージと信号 (新装復刊)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年09月27日 16時01分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 220p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560024102
  • NDC分類 801

内容説明

「記号学」は、ソシュールのもとで生まれたと言われる。それは、「恣意的に決定された価値をとりあつかう科学」であり、言語学よりはさらに広範な、人間の用いる記号体系の総体を研究することを任務とする、いわば新しい人間科学、文化学への道を示唆するものである。記号学を代表する学者としては、ロラン・バルトとともにプリエートの名を挙げねばなるまい。本書は、その基本的な原理と検証の見事な結実である。

目次

序論 人間と信号
第1部 機能(記号行為;指示のメカニズム;記号表現クラス、記号内容クラス、統合記号、コード;記号行為の成功と失敗;関与的特徴;記号内容クラス群および記号表現クラス群のあいだに見られる論理的関係)
第2部 経済性(コストに関する経済性;量に関する経済性)
第3部 記号の系統学

出版社内容情報

「記号学」は、言語学よりはさらに広範な、人間の用いる記号体系の総体を研究する、いわば新しい人間科学、文化学への道を示唆するものである。記号学を代表する学者としては、バルトとともにプリエートの名を挙げねばなるまい。本書は、その基本的な原理と検証の見事な結実である。