自然の中の人間シリーズ<br> 土にとりくむ人

  • ポイントキャンペーン

自然の中の人間シリーズ
土にとりくむ人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 39p/高さ 31cm
  • 商品コード 9784540910302
  • NDC分類 K610

目次

日本に、たくさんの外国人教師がやってきた
エドウィン・ダンは、ウシやヒツジとともに北海道へのりこんだ
ケルネルは、実際に役立つ教育を日本人に伝えた
フェスカは、日本に適した農業を人々に教えた
現場に学び、法則を発見した塩入松三郎
日本のコムギ農林10号の子孫が、世界をうえから救った
外山亀太郎は、カイコで遺伝の法則を発見した
吉田昌一は、アジアのイネづくりの改良に、大きな功績を残した
農業の近代化によって、人間は土からはなれていった
産業の発達が、自然をこわしはじめた
自然をだいじにする農業をとりもどさなければならない
土地を中心に、物を循環させる
自然のエネルギーを、むだなく使う
ダイズの性質をもつイネや、ジャガイモの性質をもつトマトができた
ランの生長点を育てて、花をさかせる
良いウシを、目的どおりにたくさん生ませる
情報システムを、農業にもいかす
農業は、風景の美しさもつくりだす
日本の農業技術で、世界に協力する

出版社内容情報

日本の農業近代化を指導したケルネルやフェスカ。その教えを実践した先覚者の努力、機械化と農薬、化学肥料が農業を発展させた。しかし近代化は人々を土から遠ざけた。いま農の原点を見失わない先端技術のあり方とは。