先祖と日本人―戦後と災後のフォークロア

個数:
  • ポイントキャンペーン

先祖と日本人―戦後と災後のフォークロア

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 23時04分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 259p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784535563322
  • NDC分類 380.1

内容説明

日本人にとって「先祖」や「故郷」や「魂」とはなにであり、それは戦争のあと、どのように変わっていくべきか。柳田国男が空襲のさなか思案したこの問題は、東日本大地震を機に改めて思い起こされることとなった。戦後と災後の「魂」にふれようとした人びとの営為をいまたどりなおす。

目次

1 先祖と日本人―柳田国男その他
2 ナショナリズムと日本人―橋川文三・伊東静雄その他
3 核と日本人―白井晟一・福永武彦その他
4 故郷と日本人―坪井洋文・こうの史代その他
5 「魂の行方」を求めて―三・一一紀行

著者紹介

畑中章宏[ハタナカアキヒロ]
1962年大阪生まれ。作家・編集者。多摩美術大学芸術人類学研究所特別研究員、日本大学芸術学部写真学科講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

戦後の日本人は、死者の魂といかにつきあうべきか?柳田國男が投げかけた問いをめぐる営みをたどり、「災後」における鎮魂を考える

一  先祖と日本人――柳田国男 その他

二  ナショナリズムと日本人――橋川文三・伊東静雄 その他

三  核と日本人――白井晟一・福永武彦 その他

四  故郷と日本人――坪井洋文・こうの史代 その他

五  「魂の行方」を求めて――三・一一紀

【著者紹介】
作家・編集者。多摩美術大学芸術人類学研究所特別研究員、日本大学芸術学部写真学科講師