逐条解説 子どもの権利条約

個数:
  • ポイントキャンペーン

逐条解説 子どもの権利条約

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月10日 21時53分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 294p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784535562844
  • NDC分類 369.4

内容説明

画期的な条約が採択されて20年、それはどう活かされてきたのか、これからどう活かしていくのか。いじめ、不登校、虐待、体罰、自殺や少年事件の深刻化、子どもの伸びやかな自己形成への支援は、いまだ不十分だ。国連の動向もふまえて、最新の状況を条文ごとに解説する。

目次

1 総論・子どもの権利条約のいま(子どもの権利条約の成立・内容・実施;子どもの権利条約と子どもの現場、NPO、自治体;福祉分野における条約の実施 ほか)
2 逐条解説・子どもの権利条約(第1条(子どもの定義)
第2条(差別の禁止)
第3条(子どもの最善の利益) ほか)
3 資料編(児童の権利に関する条約;武力紛争における児童の関与に関する児童の権利に関する条約の選択議定書;児童の売買、児童買春及び児童ポルノに関する児童の権利に関する条約の選択議定書 ほか)

著者紹介

喜多明人[キタアキト]
早稲田大学文学学術院教授。子どもの権利条約総合研究所代表

森田明美[モリタアケミ]
東洋大学社会学部教授。子どもの権利条約総合研究所副代表

広沢明[ヒロサワアキラ]
明治大学法学部准教授。子どもの権利条約総合研究所副代表

荒牧重人[アラマキシゲト]
山梨学院大学法科大学院教授。子どもの権利条約総合研究所事務局長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)