• ポイントキャンペーン

新潮文庫
脳のからくり

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 306p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101299518
  • NDC分類 491.371

内容説明

世界は脳、脳と騒がしいけれど、ではいったい脳のなにが話題なのか?謎なのか?気鋭のサイエンス・ライターと脳科学者がタッグを組んで、脳の構造に始まりゲーム脳からワーキングメモリ、視覚モジュールにホムンクルス、脳内化学物質やニューラルネット、ついにはクオリアやペンローズの量子脳理論に到る研究の最先端までを、これ以上ないほどやさしく解説する脳の「超」入門書。

目次

第0日 まずは脳を軽くイメージしてみよう
第1日 脳の司令センター―やっぱり「私」は脳の裏側にいた
第2日 脳の視覚―モノを「見ている」のはアタマの後ろ
第3日 脳出し―脳をとり出してみよう
第4日 脳の配線―クスリ漬けの脳 脳内化学物質のお話
第5日 意識の不思議―「私」は網の中で生まれる
第6日 脳に迫る危機―脳が壊れるとき
第7日 脳科学の最前線―クオリアがわかれば脳がわかる!

著者紹介

竹内薫[タケウチカオル]
1960年、東京生れ。サイエンスライター/理学博士。東京大学教養学部、理学部を卒業後、カナダ・マギル大学物理学科博士課程を修了。湯川薫名義で小説家として活躍する一方、長年「ネイチャー」誌記事翻訳にも関わり、その幅広い科学知識を生かした著書も多数

茂木健一郎[モギケンイチロウ]
1962年、東京生れ。脳科学者/理学博士。ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。東京大学理学部、法学部卒業後、同大大学院物理学専攻課程を修了。理化学研究所、英ケンブリッジ大学を経て現職。クオリア(意識のなかで立ち上がる、数量化できない微妙な質感)をキーワードとして、脳と心の関係を探求し続けている。主な著書に『脳と仮想』(小林秀雄賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)