「無為」の技法 Not Doing―エフォートレスな行動で、能力を最大化する

個数:

「無為」の技法 Not Doing―エフォートレスな行動で、能力を最大化する

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月09日 05時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 346p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534057679
  • NDC分類 159
  • Cコード C0011

出版社内容情報

多忙な現代だからこそ、観察力と判断力を磨き、エフォートレスな行動で最適に能力を発揮する!

目次

1 「しない(Not Doing)」という選択(流れに任せる)
2 やみくもな行動の機能障害(「しなければ」という執着;行動する理由)
3 「ない」を受容する力―ネガティブ・ケイパビリティ(泥が鎮まるのを待つ;岸を離れる;行く先は川が知っていると心得る;そのアクションは美しいか)

著者等紹介

レナー,ダイアナ[レナー,ダイアナ] [Renner,Diana]
企業コンサルタント、教師、作家。Uncharted Leadership Institute共同創設者、Not Knowingラボ設立者。個人や組織が不確定な時代を進み、複雑な課題に立ち向かっていくためのサポートをしている。ハーバード大学、テキサス大学、オーストラリア各地の大学で教壇に立つ。夫と、子ども2人とともに、オーストラリアのメルボルン在住

デスーザ,スティーブン[デスーザ,スティーブン] [D’Souza,Steven]
企業コンサルタント、教育者、エグゼクティブコーチ。ディーパーラーニング社取締役、IEビジネススクール非常勤講師、サイード・ビジネススクールとオックスフォード大学のアソシエイト・フェロー、INSEADリーダーシップコンサルタントおよびコーチ。世界的経営思想家を選ぶThinkers 50 Radarや、『HR』誌が全世界を対象に選ぶ「最も影響力のある人物」トップ30にも選ばれている

上原裕美子[ウエハラユミコ]
1976年東京生まれ、翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

清游☆縦しんばギア一速アップ(炎_炎)

19
Caminante, son tus huellas el camino y nada más; caminante, no hay camino, se hace camino al andar.2020/06/24

冬佳彰

9
「技法」というからには、どこかでまとまった方法論のようなものが提示されるのかと考えて読み進めていたが、最後のページまで行ってしまった。うーん、そうなのか。この本は、「しない」ということ全般に対するカラフルな本なんだね。ビジネスの場面のみではなく、やみくもに反応せず、速度を落として対応するマインドを勧めているようだ。合気道やネガティブ・ケイパビリティ、老子などに関する言及もある。とりあえず行動するという強迫観念から自由になろう、ということだ。それに、この厚さが必要か?という気がしなくもないが。(続く)2021/01/05

まさき|リクルート×副業(Lステップ構築)

6
✅力まずに、広い視点を持つための「しない」。流れの中で、しがみつこうとせず手放す。自然なエネルギーに乗ってみる。エネルギーを受け入れ、従う。本書ではそれを「しない」と定義する。 ✅哲学者ロバート・フレンチいわく、仕事には2つのケイパビリティが必要。1つは、「ある」を追求する「ポジティブ・ケイパビリティ」。もう1つは、「ない」を受容する「ネガティブ・ケイパビリティ」。この2つの組み合わせが、クリエイティブ・ケイパビリティを生む。2020/12/07

645TJC

6
著者が言わんとすることは、大きな流れには逆らえず、それに逆らう事は不可能であり、エネルギーを浪費する事、即ち、自分がコントロールできない事はできない物として割り切り、受け入れ、自分のコントロールできることに集中せよ、という事か?。印象に残ったフレーズ=目指す方向にあまりに苦戦するとしたら、もしかしたら選ぶプランが間違っているのかもしれない。一時停止は既存の枠の外を見る機会。大きな流れを変える事はできない、その事実を受け入れ、既存の枠の外をみたい。そしてそれは正に今、この時。2020/05/17

石橋

3
コロナの影響で、今まで何かを「する」事で生産性を上げ様々な価値を高めてきた人達に「しない」という選択肢が生まれた。会議を「しない」接客を「しない」出勤を「しない」等…。何かをしない事で生まれる新たな在り方、「しない」で生まれる「する」。つまり「しない」という事は全てを投げ出す訳ではなく、一度立ち止まり「しない」という選択肢を選んでみる、そこから生まれる新しい何かがある、と説いている(と思う)。構成的にも良書かどうかは好みが別れそう。個人的には訳のせいか文章が中々入りにくかった。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15289024

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。