ゲノム編集入門―ZFN・TALEN・CRISPR‐Cas9

個数:
電子版価格
¥3,630
  • 電書あり

ゲノム編集入門―ZFN・TALEN・CRISPR‐Cas9

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月24日 06時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 240p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784785358662
  • NDC分類 467.3
  • Cコード C3045

出版社内容情報

初学者を対象にした国内初のゲノム編集の入門書。従来の改変技術とゲノム編集の技術を紹介し、ゲノム編集の可能性を解説する。 人工DNA切断酵素の作製が煩雑で難しかったため限られた研究での利用にとどまっていたゲノム編集は、新しい編集ツールであるCRISPR-Cas9の出現によって、誰もが簡便に効率よく広範囲に利用できるものへと大きく変わった。
 有用物質を作る微生物の作製、植物や動物の品種改良や創薬に必要な疾患モデルの細胞や動物の作製、さらにはがんを含む病気の治療への利用など、ゲノム編集は、基礎研究の分野のみならず、産業や医療での分野においても世界中で研究が進められている。
 本書は、「ゲノム編集の基礎を勉強したい」「さまざまな生物でこの技術を使うメリットがどこにあるのかを知りたい」「産業や医療におけるこの技術の有用性を知りたい」と考える初心者を対象にした、国内初のゲノム編集の入門書である。微生物から植物、さまざまな動物でゲノム編集技術を開発してきた国内の研究者が、従来の改変技術とゲノム編集の技術を紹介し、ゲノム編集の可能性についてわかりやすく解説する。

1.ゲノム編集の基本原理 [山本 卓]
2.CRISPR の発見から実用化までの歴史 [石野良純]
3.微生物でのゲノム編集の利用と拡大技術 [近藤昭彦・西田敬二・荒添貴之]
4.昆虫でのゲノム編集の利用 [丹羽隆介]
5.海産無脊椎動物でのゲノム編集の利用 [坂本尚昭]
6.小型魚類におけるゲノム編集の利用 [泰松清人・川原敦雄]
7.両生類でのゲノム編集の利用 [鈴木賢一]
8.哺乳類でのゲノム編集の利用 [宮坂佳樹・真下知士]
9.植物でのゲノム編集の利用 [安本周平・村中俊哉]
10.医学分野でのゲノム編集の利用 [宮本達雄]
11.ゲノム編集研究を行う上で注意すること [田中伸和]

山本 卓[ヤマモト タカシ]
著・文・その他

内容説明

様々な生物での利用からゲノム編集の可能性まで、国内初のゲノム編集の入門書。従来の改変技術とゲノム編集の技術を紹介し、ゲノム編集の可能性についてわかりやすく解説する。

目次

第1章 ゲノム編集の基本原理
第2章 CRISPRの発見から実用化までの歴史
第3章 微生物でのゲノム編集の利用と拡大技術
第4章 昆虫でのゲノム編集の利用
第5章 海産無脊椎動物でのゲノム編集の利用
第6章 小型魚類におけるゲノム編集の利用
第7章 両生類でのゲノム編集の利用
第8章 哺乳類でのゲノム編集の利用
第9章 植物でのゲノム編集の利用
第10章 医学分野でのゲノム編集の利用
第11章 ゲノム編集研究を行う上で注意すること

著者等紹介

山本卓[ヤマモトタカシ]
1989年広島大学理学部卒業。1992年同大学大学院理学研究科博士課程中退。博士(理学)、熊本大学理学部助手。2002年広島大学大学院理学研究科講師。2003年広島大学大学院理学研究科助教授。2004年より広島大学大学院理学研究科教授。2016年より日本ゲノム編集学会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。