賢者の投資、愚者の投資―50年超の投資実践でつかんだ「最後に勝つ」相場の哲学

個数:
電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり

賢者の投資、愚者の投資―50年超の投資実践でつかんだ「最後に勝つ」相場の哲学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月19日 07時35分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534053374
  • NDC分類 338.155
  • Cコード C0033

内容説明

わずかな資金から始めて、バブルもリーマンショックも直前に売り抜け、膨大な金融資産を構築した現役投資家の不滅の相場哲学!

目次

プロローグ 賢者と愚者のあいだ
第1章 投資の基礎となる二つの心得
第2章 投機行為とリスクへの挑戦
第3章 間違いありきの可謬論
第4章 実践 株で儲ける技術
第5章 投資家の生活態度がリターンに直結するのはなぜか
第6章 投機の流儀
第7章 鉄火場の掟・三か条―生涯の大敗、三光汽船のカラ売り事件

著者等紹介

山崎和邦[ヤマザキカズクニ]
1973年シンガポール生まれ、長野県育ち。61年、慶應義塾大学経済学部卒業後、野村証券に入社。74年、同社支店長。80年、同社退社後、三井ホーム九州支店長、90年、同社常務取締役兼三井ホームエンジニアリング社長を経て、2001年、産業能率大学講師として「投機学」講座を担当。04年、武蔵野学院大学教授。現在、同大学名誉教授、同大学大学院特任教授。半世紀を超える投資歴の前半は野村証券でトップ証券マンとして活躍し、後半は自己資金で金融資産をつくり、現在、現役投資家兼研究者として大学院で実用経済学を講義(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

投資で勝つ者、損する者を分かつものとは? 投資歴50年超の現役投資家が明かす「相場の哲学」。