マーケティングの本質―「心理」に関する「真理」

個数:
電子版価格 ¥1,944
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

マーケティングの本質―「心理」に関する「真理」

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2019年08月24日 22時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 241p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784532322496
  • NDC分類 675
  • Cコード C0034

内容説明

なぜ人は行動するのか。行動経済学で心を動かす現代の広告とは?心理学的・脳科学的知見からマーケティング活用法を10の実例に基づき徹底解説。

目次

第1章 マーケティング最前線(今、なぜ「顧客心理」が重要なのか?―「店舗で製品を見て、ネットで買う時代」の戦略を探る;「ナッジ」をマーケティングに活用しよう―ひじで軽く突っついて、注意や合図を送ろう ほか)
第2章 SYNRIマーケティングとは何か?(SYNRIとは何か?―人の本質こそマーケティングの本質だ;SYNRIを活用したマーケティングとは?―人が行動する10の要素に根ざしたマーケティングプランニング ほか)
第3章 SYNRIマーケティングの実例(広告への「関心」が広告の「効果」を生み出す―「傍観者効果」を乗り越えることが広告表現の使命;関心のある要素が広告への関心を生み出す―「選択的注意」を使った広告事例/世田谷自然食品 ほか)
第4章 SYNRIマーケティングの仮設と検証(「データドリブンマーケティング」のプロセス―データによる広告効果検証が必須の時代は目前;データを扱う上で必要な視点―課題発見をする「データサイエンティスト」になろう ほか)

出版社内容情報

なぜ、人は行動するのか。行動経済学で心を動かす現代の広告とは?心理学的・脳科学的知見から10の成功事例に基づき徹底解説。★昨今、消費行動が「モノ」から「コト」志向に変化し、企業はモノを売ることからサービスという新たな価値の提供をするようになっている。感情・情動を分析することで人間の多様性に対応し、感情から行動を促すようなサービスの開発が進み、これらは心理学・脳科学との融合領域となっている。2017年、ノーベル経済学賞受賞したリチャード・セイラ―教授が、心理学を経済学に反映させたことからも、「行動経済学」は大きな流れとなっている。
本書では、このような背景をふまえ、マーケティングの分野で心理学や脳科学と融合した手法が変化しながら活用されていることを解説。行動経済学での概念である「ナッジnudge(肘で軽くつつく)」して顧客に「ノッドnod(うなずく)」してもらうためには、顧客心理を知り、心理学で提唱されている理論を理解することが重要であると説いていく。
★ADEXの手がけた広告実例から10例を掲載。世田谷自然食品、パナソニック、日経電子版など認知度が高く成功した広告事例を取り上げ、どのようにして成功したのかをクリエーター自らがその手法を公開する。
★ビックデータやAIが企業の売上向上に大きく影響を与えるなかで、データ解析をもとにした マーケティング(データドリブンマーケティング)の意思決定が重要である。広告によるコミュニケーションも変化し、広告効果検証によって顧客行動を可視化することが求められている。
本書ではデータドリブンマーケティングのプロセスや広告効果検証の分析視点について独自のデータ分析に基づき解説している。

第1章 マーケティング最前線

第2章 SYNRIマーケティングとは何か?

第3章 SYNRIマーケティングの実例

第4章 SYNRIマーケティングの仮設と検証

ADEX SYNRI ラボ[アデックスシンリラボ]
著・文・その他/編集