100年成長企業のマネジメント―3Mに学ぶ戦略駆動力の経営

個数:
  • ポイントキャンペーン

100年成長企業のマネジメント―3Mに学ぶ戦略駆動力の経営

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月11日 09時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 387p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532321895
  • NDC分類 336
  • Cコード C3034

内容説明

イノベーションで世界的な名声を得る3Mは、創業以来100年以上にわたり成長を続けてきた長期成長企業でもある。本書はその調査研究報告として、3Mの歴史を詳しくみ、同社の長期成長は、「戦略駆動力の経営」の実践によって可能になった、という分析を提示。3Mの事例から洞察を引き出すために必要な経営学の用語(経営の諸制度の用語も含む)についての解説を、「コラム」として適宜付記している。

目次

第1章 3M・組織ライフサイクル・戦略駆動力
第2章 失敗に始まった会社
第3章 組織に経営理念が吹き込まれるプロセス―戦略駆動力の形成
第4章 イノベーション・マシーンの稼働―湧き出る戦略駆動力
第5章 組織の成熟と再活性化―戦略駆動力の再起動
第6章 外部からのCEOによる改革―戦略駆動力の問い直し
第7章 浮かび上がる戦略的方向性と手ごたえ
終章 長期成長の鍵

著者等紹介

河合篤男[カワイアツオ]
名古屋市立大学大学院経済学研究科教授。1993年神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程修了、95年博士後期課程中退。名古屋市立大学経済学部助手、専任講師、助教授、准教授を経て現職。博士(経営学)

伊藤博之[イトウヒロユキ]
滋賀大学経済学部教授。1990年神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程修了、92年博士後期課程中退。滋賀大学経済学部助手、専任講師、助教授、准教授を経て現職。博士(経営学)

山路直人[ヤマジナオト]
福井県立大学経済学部教授。1993年神戸大学経営学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(経営学)。関東学園大学経済学部助教授を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

組織改革、イノベーション、脱成熟など経営学の題材が満載の長期成長企業3M。その歴史からリアルな経営学を学ぶ画期的テキスト。