完全版 アリス物語―芥川龍之介・菊池寛共訳

個数:

完全版 アリス物語―芥川龍之介・菊池寛共訳

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2024年02月28日 10時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784766135978
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

もし『不思議の国のアリス』を日本の文豪が翻訳したら?そんな夢のような構想が現実となったのが、1927年刊行の書籍『アリス物語』。芥川龍之介と菊池寛による訳文は、アリスや不思議の国の登場人物たちがいきいきとユーモラスに描かれ、今なお色あせない魅力にあふれています。本書は、原書にあったいくつかの不足を補い、注釈や解説を付加した『完全版 アリス物語』です。

著者等紹介

澤西祐典[サワニシユウテン]
1986年生まれ。小説家、研究者。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。小説に『フラミンゴの村』(第三十五回すばる文学賞)などがある。研究者としての専門は芥川龍之介。国際芥川龍之介学会会員、日本ルイス・キャロル協会会員。龍谷大学国際学部講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

207
100年近く前の復刻本、書店で気になり読みました。『不思議の国のアリス』の物語は知っていましたが、真面に読むのは初めてです。芥川 龍之介&菊池 寛共訳とのことですが、メインは芥川 龍之介が訳し、菊池 寛が最後纏めたようです。アリス物語は、首に拘っていて、アリスのろくろ首まで登場するとは思いませんでした(驚) http://www.graphicsha.co.jp/detail.html?p=499052023/03/18

まふ

121
芥川の没後僅か4か月の1927(昭和2)年11月に発行された貴重な菊池寛との共訳の書。といっても芥川は状況的にごく一部を担当したものらしく彼の死後菊池寛が僚友芥川を偲びかつ慮って共訳としたらしい。とはいえ、訳文は十分に可愛らしく現在の眼からしても大層魅力的である。マーガレット・タラントの挿絵も素敵でこの作品の魅力を十分に引き出している。アリスは何読目かであったが読むたびに新鮮な感動を抱くのは作品の持つ奥深い魅力とともに読み手の健忘症(としておこう)による新たな(?)発見の賜物ではないかと思ったりした。2023/10/11

keroppi

83
芥川龍之介と菊池寛が、「不思議の国のアリス」を翻訳していたなんて、初めて知ってビックリ。芥川が亡くなる直前まで訳していたのは途中までで、死後、菊池が残りを訳し出版に至ったらしい。当時としては馴染みのないタルトを饅頭と言ったり、ティーパーティは、まるで日本茶のようだし、アリスが「平気の平左だわ」なんて言ったりする。それでいて、アリスの楽しさは、しっかり訳出出来ていて、二人の文豪の筆運びに引き込まれた。芥川が大の犬嫌いであったとか、菊池の冤罪事件とか、解説も豊富で、二人を知る上でも貴重な一冊だった。2023/03/18

こなな

75
橙の砂糖漬けはオレンジマーマレード、桜饅頭はチェリータルト、フラミンゴが紅鶴。ガラス瓶は甕に、ティーカップは茶呑茶碗。装丁がいい。空想の不思議の世界を支えるカラーで掲載された1900年代前半に活躍した英国の挿絵画家、マーガレット・タラントの挿絵。隅々まで楽しめる。日本の文豪による不思議の国のアリス。上品でリズミカル、オノマトペも楽しい。アリスや不思議の国の登場人物たちがいきいきとユーモラスに描かれている。『アリス物語』の原書に不足な点を小説家で芥川研究者の澤西祐典氏が補ったため完全版となっているとのこと。2023/10/21

優希

53
アリスの物語を文豪が訳したものです。アリスと不思議の国の人々が生き生きとしていて、100年経った今でもその魅力は色あせません。誤訳もありますが、物語に引き込まれました。挿絵も素敵です。2023/04/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20643383
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。