日経ビジネス人文庫
ガイアの夜明け 復興への道

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 297p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784532196110
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C0134

内容説明

原発事故に立ち向かうロボット技術、100%リサイクルを目指す最先端ゴミ処理施設、震災失業を突破する働き方―。復興に挑む人たちと現場の闘いを追う。テレビ東京の人気番組「ガイアの夜明け」から最新の16話を収録。

目次

第1章 震災に立ち向かう(ライフラインを守れ!―緊急支援一九日間の総力戦;仮設住宅七万戸の真実―なぜ対応は遅れたのか…;あなたの善意、その行方―企業と個人が手を差し伸べた三〇日間)
第2章 ニッポンの反転攻勢(世界を驚かせる“和”の挑戦者―進化するニッポンの魅力;海を渡る“おもてなし”と“職人魂”―ニッポン産業の新たな実力;世界遺産がやってきた―平泉と小笠原、未来への闘い;その技で、再び世界へ―メイド・イン・ジャパンの底力を見せる)
第3章 エネルギーを考える(原発に立ち向かう―ニッポンの技術と家族の絆;原発事故の最前線は今―知られざる現場、密着三カ月;節電・創電で乗り越えろ!―コンビニ改革と“新燃料”発電;リサイクルの底力―テレビ、がれき……、問われる真価)
第4章 復興への道(あなたの善意、その後―支援に動いた、個人と企業のこれから;走れ!俺たちの鉄道―地域の足で街に活気を取り戻せ;甦れ!三陸漁業―カツオ船団と漁師達の決断;法的トラブルを解決せよ―時代とともに変わる弁護士像;働く希望を!―“震災失業”を突破する働き方)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

James Hayashi

23
2011年11月初販。大震災後に放映されたガイアの夜明けを書き下ろし。ローソンはモノがない東北に重点を置きロジスティックを展開。首都圏は競合店に任せるという侠気。モルディブは日本の援助により防波堤を作り、2004年のスマトラ沖地震で被害者を出さなかった。それに感謝し多額の寄付と日本の技術支援によりできたツナ缶工場から物資援助。パンのアキモトは新しい社会貢献の在り方も編み出し素晴らしい。原発災害時に遠隔操作ロボットが10年程前30億円の予算で作られたが実用化評価検討委員会(東京電力系か)にて破棄されている 2016/10/07

うたまる

2
概ね番組と同じ内容で、書籍ならではの掘り下げが無いのが残念。この辺はNHKスペシャルを見習うべき。さて本書で印象深いのは、困難に直面して人間性を喪わず雄雄しく立ち上がろうとする東北人と、悪意があるのではと勘繰りたくなるほどの稚拙振りを晒す民主党政権のコントラスト。菅首相や大畠国土交通大臣が出てくるたび怒りが湧き出てくる。思えば阪神淡路大震災のときも左巻きが首相で初動対応に失敗した。東北人に天災のみならず人災まで与えたのは、日本の有権者の一人一人であり、その償いは日本人全体で負うべき責務だと思う。2013/12/03

くらーく

1
本当に素晴らしいよね。日本だから?日本人だから?かな。個々の企業、人の働きは、実に素晴らしい。 でも、全体で見ると物足りないのは、なぜなのだろう。 復興への道は、まだ続いている。 ぜひ、節目節目で続編を希望する。2017/03/18

サト

0
★★★★2013/05/20

こたつ

0
番組のことは知らず、ただ手に取っただけでしたが、よくまとまっている本でした。広い範囲からピックアップされており、情報をえるには最適です。番組も一度みてみたいです。2012/03/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4319458

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。